【お知らせ】取材依頼・情報・要望をお待ちしています(2016 10/31更新)



『見過ごせないダイアリー』では日頃見過ごせない出来事を募集しています。
取り上げて欲しいこと、情報提供などありましたら下記のメールフォームからお問い合わせ下さい。
http://form1.fc2.com/form/?id=4d918e80db75bb67
もしくはTwitterのDMでもメッセージをお送り頂けます。
https://twitter.com/misugosenai2014

【2016/10/31】
このブログではアフィリエイトリンクを貼っています。
アマゾンリンクから商品を購入すると、筆者に紹介料が入ります。

記事下部にある広告はアフィリエイトです。
1日1回クリックしていただくとありがたいです。

アフィリエイトで得た収入はブログの取材費・資料代として充てます。
いつもアクセスして下さる読者の方々には感謝しております。

また、拍手ボタンを押していただくと筆者のモチベーションがアップします。
これからもよろしくお願いいたします。




詳細(Read moreから)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Read more...

スポンサーサイト

「犯人を知った日から6ヶ月」忘れた頃に来る告訴



皆さん、ネットで悪いことしてませんか?
筆者も見に覚えがないわけではないですが、もしかしたら過去の言動がとんでもないことに繋がるかもしれません。
今回は”ネット上における名誉毀損罪・刑事告訴についてお話します。

親告罪は「犯人を知った日から6ヶ月」の間に告訴することが可能です。
しかし逆に考えると、犯人を知った日から6ヶ月以内に告訴しても、警察の捜査で犯人に辿り着かなければ時効が過ぎて捜査ができなくなるということです。
運良く告訴状が受理されても、犯罪性のある書き込みが本人の書いたものだと証明できなければそれ以上の捜査ができません。

では、6ヶ月過ぎれば訴えられる心配はないのかといえばそうではありません。
多くの場合、告訴状を書く段階では被告訴人の部分は「氏名不詳の者」と記述されます。
この記述がある以上は告訴人はたとえ犯人の名前や住所を知っていてもイコール犯人と結び付けられない状態なので、この間「犯人を知った日から6ヶ月」は経過しません。

警察が書き込みを情報開示して、犯人=被告訴人と確定、正式に告訴状に犯人の名前が書き込まれて初めて6ヶ月がカウントダウンされます。

情報開示というのは非常に時間がかかります。
例えばツイッターの書き込みだと数ヶ月から数年かかる場合もあります。
したがって、無期限に告訴が有効というわけです。

1年経ってから、2年経ってから、「この書き込みは名誉毀損罪にあたるので、あなたの家をガサ入れします。逮捕します」ということになる可能性があるということ。
逆に情報開示が失敗して、警察沙汰にならない可能性もあります。
その間、被告訴人は自分が訴えられているかどうか知る術もなく、ただ待つしかありません。

もしも自分の書き込みが相手を傷付けてしまったかもと思うなら、告訴人に示談を申し込むことをオススメします。
運が良ければ、告訴人が取り下げてくれる可能性があります。
相手に自分の名前や住所が知られていないから大丈夫ということはありません。
どのサイトだろうと、書き込んだ時点で指紋や足跡を残しているようなものです。


実は筆者も複数を相手に名誉毀損罪で告訴を進めています。
忘れた頃に警察がやってくるかもしれませんし、何も来ないかもしれません。
それは誰にもわかりません。
警察が書き込み内容を調べて、身辺の情報を調べているという意識は持ってもらいたいと思います。


事実無根の証明



「事実無根を証明してください」
殺人犯をでっち上げられたスマイリーキクチさんが中傷を書き込まれて2chの運営から言われたこと。

悪いことをしていない証明というのは想像以上に難しい。
ネット上で勝手にキャラクターが作り上げられ悪人として独り歩きする。

そろそろネットの書き込みが完全に匿名で足が付かないものだと思っている人は減っていると思いたい。
手間がかかるとはいえ、不快に思った書き込みがあれば民事でも刑事でも誰でも情報開示ができる。

情報開示して、誰が書き込んだのか納得して然るべき対応を取るのであれば被害者として終わる。
だが、デマを疑わずに信じて一緒に批判を始めてしまったら、これは加害者になる。

残念ながら、多くの人は後者になってしまう。

「◯◯は悪いやつに違いない、だからみんなで◯◯を叩こう」

いくら他者を叩くことが中毒になってるとはいえ、相手が個人ならいつかしっぺ返しを喰らい、自身の間違った正義感を悔い改めることになるだろう、


●批判する前に調べる
ネット上で書き込み・発言するのはとても簡単なことだが、これからの時代は取締も強化され、サイト運営者も警察も動きが柔軟になりつつある。
自身の軽はずみな発言で後悔するくらいなら、書き込みをする前に調べる義務があるのだ。

先述したように、情報開示はやろうと思えば誰でもできる。
時間はかかるし、ものによっては開示できないものもあるだろう。
しかしながら個人を批判するということは、それだけ裏付けの必要なことでリスクを伴う行為である。


書かれる側に証拠を求めるのではなく、書く側に証拠を求める流れになってほしい。
嘘、もしくは事実であっても相手を貶める行為であれば罰せられるネット社会になっていかなければならない。


【特撮】平成ライダー中間報告



この春からアマゾンビデオで見始めた平成ライダーシリーズ。
まさか特撮にどっぷりハマってしまうとは思いませんでした。

これまでにクウガから響鬼まで6作品見てきましたが、ちょっとここで中間評価したいと思います。

仮面ライダークウガ★★★★☆(88点)
ライダーが一人で活躍するのが良い。暗めの世界観が好き。

仮面ライダーアギト★★★★☆(85点)
美杉家が温かくて好き。G3メンバーの色が濃くて◎。

仮面ライダー龍騎★★★★☆(80点)
ライダーが多すぎるが、キャラが立っていたので最終的には◎。北岡さん役の人が業界に精通していて好感。

仮面ライダー555★★★★☆(89点)
怪人含め全員のキャラクターが個性を発揮していた。出演者が仲良くて好感。アクション性も◎。

仮面ライダー剣★★★☆☆(78点)
後半は評価できるが、前半が丸っきり印象に残らなかった。でも後半は本当に好き。

仮面ライダー響鬼★★★★☆(82点)
和とライダーを織り交ぜた世界観が素晴らしい。新しい試みに評価。


ストーリーと世界観、登場人物、アクション性、デザイン、出演者の素顔まで含めての評価です。
放送終了後も仲間内で集まって遊んでいるとか、ライダーになれたことを誇りに感じてずっと話題にしている俳優がいたりすると個人的に評価上がります。
要潤(アギト・氷川誠役)や小田井涼平(龍騎・北岡秀一役)、村上幸平(555・草加雅人役)は放送終了後も作品を愛し続けていると聞いているので好感高いです。
出演者が作品を好きだったり、共演者と仲が良かったりすると演技にも反映されますよね。

デザインはどれも満点です。
デザインが悪いから減点というのは今のところ全くないです。

ストーリーでは555が一番印象に残っているかも。
世界観では響鬼がこだわりがあって好きです。


というか、過去記事を見直してみると筆者は緑色のライダーが好きになるんですね。
ゾルダ、レンゲル、轟鬼…キャラクター、ライダーとしての特性ともに好みです。



そんな感じで、今のところ555がトップです。
これからまだ12年分のライダー+αがあるので、また評価が変わっていくと思います。
スーパー戦隊シリーズも全部見る予定です…まだまだ先は長い。


意地でも信号無視する歩行者

2017y05m29d_212541149.jpg

筆者は以前から道を譲らない車について書いてきましたが、今回は歩行者マナーについて。
中高生の坊主ならまだわからなくもないが、信号無視しないと死ぬのかと思うくらい止まらない人いますよね。

夜、自分が赤信号で待っているといい歳したおっさんサラリーマンが2人、横断歩道の左右を見渡すことなく突っ切っていく…

確かに車は来てないけど、全くいないわけではなく遠くには車の明かりが見える。

なんか自分だけ正直に信号守っててバカバカしくなるというか、自分がバカみたいに思えてきますね。
深夜なら筆者も信号無視しちゃうけど、よっぽど急いでない限りは一応止まってますね。

そのおっさんサラリーマンも急いでたのかと思ったらノロノロノロノロ渡ってるし…
結局青信号になって渡った自分が追い越してしまいました。

その後の信号でも車が目前に来ていながら信号無視していたのには驚きました。


あれって一種の”意地”なんですかねぇ…
絶対に左右を見渡さない。
絶対に横断歩道前で一度立ち止まらない。

何かの病気なんですか?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。