街のかほり

2017y04m14d_195859040.jpg

ある田舎町のに降りた時のこと。
田舎といっても田園風景ではなく、若者が去って高齢者だけが残ったような寂れた街。

改札を出てすぐに古い家屋のような匂いが蔓延していました。
中だけは少し新しいのですが、それ以外は昭和から全く姿形が変わっていないような風景でした。

ショッピングモールらしき建物があるのですが、中はほとんどお店が入っておらず、どうやって維持しているのか謎でした。
スーパーマーケットも「イオン」の看板だけがやたら新しく、中に入ってみると薄暗く、カビのような匂いがします。
正直、こんなところで食品なんて買いたくないと思ってしまいました。

田舎町とはいえ、東京からそれほど離れているわけではなく、通勤するのもそれほど不便ではないと思うのですが、街並みが古すぎて人が去ってしまった感じです。
同じくらいの距離の街で、再開発が進んだところは人口が増えて活性化したところもあるのですが、これだけ差が出てしまうんですね。

古い街並みが好きな人もいるかもしれませんが、中途半端に新しく、中途半端に古いのでノスタルジックかといえばそうでもないのです。
古くても商店街が良い味出してる街もあるんですけどね。


スポンサーサイト