【ニュース】カラオケ動画投稿ダメ…メーカーの権利侵害判決

2017y04m13d_184317346.jpg

カラオケ動画投稿ダメ…メーカーの権利侵害判決(読売新聞) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170511-00050088-yom-soci

あれ?JOYSOUNDが提供する「うたスキ動画」やDAMが提供する「DAM★とも動画」は問題ないんでしょうか。

ライブ配信の場合、カラオケを生中継したら利用制限(BAN)がかかったという話を聞いたことがあります。
恐らくそれは映像を流していたのでそれが主な原因だと思うんですけど。
音源だけで制限がかかったというのは今のところ知らないです。


それはそれとして、自身のカラオケ動画を投稿する人って何を期待しているんでしょう。
自分や友達の間で共有するのはわかるんですが、youtubeで全世界に発信するのがよくわからないです。
雑音だらけのカラオケボックスで、専用の機器で録音するわけでもないので確実に音は悪くなるし、どんなに上手くても自慢できるものとして発信できるものではないですよね。
しかも自分の姿まで映している人がいますが、相当自分のこと好きじゃないと無理だと思います。

この件で「今後”インターネットカラオケマン”が減れば助かる」という声が多いですが、先述したように音源だけなら多分文句言われないような気がするのでニュースを知らない人は今後も投稿し続けるんじゃないですか。


というか最近のyoutubeって投稿の段階で音源を抽出して「この動画には○○という楽曲が含まれているので著作権侵害になる恐れがあります」って機能が搭載されてます。
ちょっとした音源の切れっ端でもアウトになったことがあるのでビックリしました。
カラオケ音源って、ノイズが入りまくるんで抽出できないんでしょうね。
機械的にやってるのか、人の手でチェックしてるのか謎ですが。


スポンサーサイト

【ヤフオク】痛Suica!?

ヤフオク広告見てたらこんなんあったんだが、これいいのかね。
2015y02m14d_173520922.jpg
2015y02m14d_173601916.jpg

と、思って調べたら既に逮捕者出てるじゃんww

シール貼った「痛Suica」、使って大丈夫? JR東「機器トラブルの恐れも」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1501/13/news139.html

>今月には、人気アニメのキャラクターを無断でシールに印刷し、ICカード用ステッカーとして東京・秋葉原で販売していたとして、男が著作権法違反の疑いで警視庁に逮捕された。約3年前から1枚500円程度で販売し、約200万円ほどの売り上げがあったという。(2015/01/13)

>シールを貼ったSuicaは「チャージの際に券売機に入れた時に詰まってしまい、機器が故障したり、自動改札を通る際に通信に障害が出る可能性がある」という。そのため、「シールを貼ることはご遠慮いただくよう案内している」という。


しかもこれICカード抜きの値段(希望すればカードに貼った状態で送付)。
水貼りだからデカールに印刷してるっぽいね。自分で作ったら200円もかからないわ。

逮捕された奴は200万売り上げたらしいから相当持ってる奴多いってことだよね。
中高生なら喜んで買いそう…券売機に入れて詰まったら駅員に取り出してもらうの死ぬほど恥ずかしくないか?


今現在も尚、イラストをダウンロードして使ってくれっていう絵師がたくさんいて、痛suica自体自分が知らなかっただけで割と流行っているらしい。
デカールだったら薄いから券売機に入れても大丈夫そうな気もするけど、シールは絶対詰まりそう。
下手したら券売機壊れるんじゃね。

その前にアニメ柄のsuicaなんて恥ずかしくて使えたもんじゃないけどな。


【決着】妄想おねえさんと寿司こびと

取り上げたい話題はたくさんあるんですが、時間がなくて追いつかない。
さて今日の話題。


タカラトミーアーツから発売された妄想おねえさんと寿司こびとに関して
http://sushikobito.hatenablog.com/entry/20150202/1422870491
https://twitter.com/posuto

この問題について発端から着目していて、これで決着ということで記事にすることにします。
ブログから文章を抜粋させていただきますが、


>年明けにタカラトミーアーツさんの企画の方から私のサイトのメールフォームに「ご主張やご要望がある場合は、具体的根拠を示したうえで書面で送るように。メールの問い合わせには応じられません」といった趣旨のメールをいただきました。

これなんて文章送ったんだろう。本当にそういう突っぱねるような言い方をしてきたのかな?



>とりあえず自分がどうしたいかだけは決めてくるようにと言われ
>・今回の企画がどのような意図で企画されたものなのか。
>・寿司こびととの考え方やコンセプトの差異がどうあるのか、差異があるにしても結果として似過ぎているのでは?



これが知りたいが為にわざわざ弁護士雇って書類作成してもらったのか…
企業としては弁護士が出てきたら100%損害賠償を予想するよね。



>数日して、タカラトミーアーツさんの弁護士の方から連絡があり弁護士同士で会って話しやっぱり寿司こびとは見ていませんという話と企画書を見せていただけることになりました。
>企画の最初にボツになった所からの全ての企画書を見せていただきました。ガチャの企画というのは結構早い段階からやっているんですね。



企画はいつ立てられたものだったの?そこ超重要なんだけど。
「結構早い段階」と濁されたらどっちが先に企画したのかわからないし、どっちが被害者なのかもわからないんだけど。



>私の周りのクリエーターにも似たような経験をしている人が実際にいるようでした。中には残念な事に明らかな著作権侵害な物もあるそうです。


具体例を挙げたら、今はネット時代だからお金や時間がかかってもパクった側が謝罪する流れを作ることができると思うよ。
それにカプセルトイ界隈では例えばバンダイ・タカトミ・エポック・海洋堂・奇譚クラブなんかは普段からパクリ合いで競合同士で仲良くやってるって話もある。
展示してるくらい名の知れてるクリエーター同士なら繋がりも強くて情報共有も常にしてるんですけどねぇ。
「妄想おねえさん」を担当した青木氏とは知り合いだったらしいけどその後のやり取りがないというのは…
「私の周りのクリエーター」と言われてもそれがどれくらいの人数なのか、具体的に誰なのか挙げてくれたらいいんだけど。それじゃ子供が「みんなやってるもん」みたいに聞こえる。


>今回の件は、決して私がタカラトミーアーツさん相手に、商品に自分のクレジットを載せろとか、使用料を支払ってほしいという要求をするものではありません。
>発端は「参考にしていないにしては似過ぎていないか」というクリエーターとしての素朴な疑問であり、その疑問を解消したかったというのが私の思いでした。



じゃあなんで弁護士雇ったの??
個人でも書類は作れるよ。あなたの周りのクリエーターの事例を知ってるなら放っておけばいいじゃない。
メーカーだって年明けから無名のクリエーター相手に弁護士呼んで話し合いの機会を作ることにどれだけ手間を費やしたかな。
わざわざお金と時間をかけて経緯を知りたかっただけ…?う~ん…



>弁護士さんからは、法律的には結局著作権を侵害するかどうか、という話であり、タカラトミーアーツさんが私の作品を参考にしたかどうかをはっきりさせるためには、裁判所に判断してもらうしかない、と言われました。
>私はそこまでするつもりもありませんでしたし、今回タカラトミーアーツさんから、一応の誠意ある回答をいただけました。



弁護士としてはそう思って仕事するよねw
なのに個人で作れるレベルの書類を弁護士雇って話し合いで納得したっていう流れが理解できないんだけど。
普通ははっきりさせる流れにするべきなんだけどな。普通は。



>自分がこだわって大事に描いてきたからには、何も動かないのはおかしいなと思い弁護士に相談する事を決めました。


だからこそ訴訟起こすべきだったのでは?それが他のクリエーターの助けになるんだからせっかく話題になったならそこまでやるべきだったんじゃないの?どうして話し合いで引き下がったのかそこの理由を知りたい。
弁護士が裁判所に判断してもらう方法もあると提案しているのに却下したのは何故?単純に費用の問題?

自分の作品だっていうプライドがあるんだったら最後まで貫けよ。
ハッキリ言わせてもらうと、この記事を読む限りタカトミから絶対にパクってないという決定的な証拠を突き付けられたから引き下がったようにしか見えんよww
それに加えて「みんなもパクられてるもん」とウジウジ泣いて、「金目当てじゃない」とヘタレアピール。

青木氏とは知り合いなんだから青木氏が割って入るパターンも考えられたよね。
恐らく青木氏としてはあんまり関わりたくないのかもしれないけど^ ^;



>私は自分のキャラクターのために、自分にできるだけのことはできたなと思います。


あれだけ熱演ぶってた割にはその程度の愛着だったんですね。


【Twitter】二次創作を商品化

旬の話題から数日経っているがTwitterでとある問題が気になっている。


二次創作のイラストが勝手に商品化されていると作者に報告

作者「絶対に買わないようにしてください」



わかる、わかるよ。
自分の絵が商品化されてたら怒る気持ちはわかる。
100%勝手に商品化してる業者が悪いよな。
でもなんだろう、このフクザツな気持ち…

で、この人自分の絵を配布と称して公開していたらしい。
それに配布中止したといってももう収拾不可能だぞ。
だから自分もここに無断で載せることにする。
B3k_k3HCMAA4kUs.png
B78nmjZCcAAAdl-.jpg

で、この人のTwitter見てるとなんだか暴言が多いですねぇ…
2015y01m26d_155902059.jpg
2015y01m26d_155926593.jpg
2015y01m26d_210119011.jpg

一歩間違えるとペヤング大学生になっちゃうぞ。
何の否もないけど、二次創作してるってことを忘れてる感じがするね。
「自分がポケモンという素材を使って描いてやったんだ」って上から目線を禁じ得ない。
他方では「パクられてるけどあなたもパクリじゃん?」との声も。
自分がオリジナルかのような自己主張。ドヤ顔で任天堂の考え方を貼る。
まるで鉄道が好きなはずなのに全く鉄道を愛してるように見えない鉄オタのような…
それに元絵を色分けして装飾しただけで個性もクソもない。

本来なら任天堂が法的手段に出るのがベストなんだろうけど、こういう問題に積極的に口出しすべきではないというのが今の任天堂の言い分である。


自分は模型の分野でプロの人達と接してきましたが、原作への敬意の払い方って物凄いんだよね。
作品は人格をも表現してしまう。



そうそう、主張は間違ってないのに性格で損してる人と言えば、寿司×女の子をモチーフにした作品をパクられたとしてある作家がカンカンに怒ってましたね。
2015y01m26d_160048056.jpg

続報は話題になってないけど弁護士雇ってちょっと物騒な展開になっているようです。
ニュアンスによってはメーカーや他のアーティストと手を組むこともできたかもしれないのに。




ポケモンの方はポケモンだけじゃなく、他の二次創作絵も無断使用して商品化してるという話もあるから放置すべき問題ではないな。
業者のポケモンチョイスから見るにキャラクター事情は詳しくないと見える。
しかも「缶バッチ」じゃなくて「缶バッジ」じゃね?


【映画】エスケイプ・フロム・トゥモロー【ネタバレ】

私の隠れミッキーを突いて!

というわけで待ちに待った『エスケイプ・フロム・トゥモロー』を観ることができた。
この奇天烈難解な作品は今年7月公開の時点でかなりのレビュアーが考察している。
2、3ブログでわからないところを補填すればこの作品の大部分は理解出来るはずである。

だからこの記事を読む人は全員考察サイトを見てきてるんだなという前提で書きます。
もちろんネタバレも…というかネタバレされて困るような作品ではないと思うが一応注意。


●「ウォルト・ディズニー社とは一切関係がありません」
DVDを再生すると最初に映し出されるお決まりの注意書き「権利者の許可なく映像を複製云々…」
なんと説得力のない言葉だろうかとツッコミを入れつつ…一応説明しておくがこの映画はフロリダにあるディズニーワールドとカルフォルニアのディズニーランドでゲリラ撮影が行われた。
パークの許可は取っていないということで、大変な物議を醸すことになった。
日本だけでなく世界的にもディズニーは著作権に厳しい会社という認識であり、この挑戦的な映像作品にディズニーはどのような鉄槌を下すのであろうかという世論でたちまち満たされた。
結局のところ何事も無く映画は上映され、円盤発売の現在に至っても訴訟の噂は立っていない。
海外のサイトを少し閲覧してきたが、実際のところ映画撮影自体が違法になるかも微妙らしい。
動画サイトを検索すればわかると思うが、パーク内での撮影は一部を除いてかなり自由なところがある。パレードの動画なんて毎回あがってる。
パーク側としてはそれを禁止にしてしまうとゲストの思い出に何も残せないことになってしまう。遊園地としては破綻に等しい行為だ。
立派なお城も、キャラクターとの撮影も全てが悪となってしまう。ネットへのアップロードも思い出くらいなら大目に見ているというところだろう。
著作権違反というより、無許可で撮影したことによる不法侵入に当たる可能性はあるとのこと。
この作品の件で取材なんかも殺到したらしいけど訴えるのもめんどくさい感じらしい。

因みに公式サイト上部の謎のカウンターは公開から訴えられるまでの日数をカウントしている。
http://escapefromtomorrow.jp/


サウスパークなんかはもうミッキーは準レギュラーみたいな存在だけど全然平気だし、そこんところディズニーも懐が深くなってるんだろうと思う。
逆にこうした挑戦に応じないこと、無視することが彼らに対する攻撃表現ともとれる。


●全編モノクロで描かれる
予告映像の通り、パーク内、アトラクション内、パレード・花火までもが映像として収められている。
まるでファミリービデオとして撮ったかのように映像も古風な感じである。
撮影は「Canon EOS 5D Mark II」「Canon EOS 1D Mark IV」が使用された。


全編モノクロで、吹き替え版はない。
中には仕方なくあからさまなはめ込み映像の場面もチラチラある。背景に俳優の映像を合成している。

アトラクション等はもちろんワンテイクで全て撮ることが出来るはずはなく、俳優共々撮影の度に列に並んで、「イッツ・ア・スモールワールド」は12回も乗ったそうである。たった12回で済んだのかというべきか。
撮影日数はたった25日だという。
そして撮影の為に何度もパークを出入りするのだが、怪しまれないように小人数で入ったり、衣装を変えたり、ヒゲを剃ったり、大掛かりな照明器具は使えないので光の加減で苦労したとか、そんな撮影裏話もあるようだ。

終盤辺りで全くキャストもゲストもいないパーク内の景色を撮影しているが、どういう状況なのかはわからなかった。
開園前か閉園後なのかは確かだが、まずパークの許可は得られないだろうし、キャストすらいないというのはあり得るのだろうか。
その辺は全て合成の可能性もあるが…

冒頭のシンデレラ城、終盤の花火のシーンではある種の感動を覚えた。
あと意外なことにもアトラクション内の音楽は使用せずに似た感じのBGMとなっている。BGMだけ権利侵害を恐れるのは惜しかった。
ただ『三人の騎士』をモチーフにしたアトラクションだけは同じ曲を使っていたような気がするがその辺りは未確認。


●全ては父親の妄想の世界
オチは他でも散々語られてるからいきなりネタバレするけど…

冒頭で父親は電話で上司から解雇通告を受けて、それをバケーション中の家族に打ち明けるには辛すぎるから黙ってる。
というか、個人的な解釈では息子にベランダの鍵を閉められて締め出された瞬間に飛び降り自殺したんだろうなって思った。
父親が死ぬとしたら息子が締め出してからの妻の発見までの間が一番濃厚な気がする。

それでまぁ後のシーンは全て父親の最期の夢の時だったというわけだ。
フランス人女性を追いかける、アトラクション乗車中に妻にキスを求める、パーク内で出会った人妻と性関係になる、アルコールをあおる、これらの剥き出しの欲望は言い換えれば”夢”である。
夢を叶える場所としてうたわれるディズニーランドであるが夢というのは全て綺麗で無垢なものではない。
大人の欲望というのは場所が変わっても荒んで汚いものだという表現がなされているのだ。
もちろん父親自身、家族のことを全てないがしろにしていたわけではなく、あれだけ追いかけていたフランス人女性に言い寄られた際にに断っているところを見ると根本から家族が崩壊することは望んでいなかったのではないかと思われる。

この背景にはランディ・ムーア監督の少年時代も関与しているらしい。
幼い頃にディズニーワールドに旅行にやってきたが、あまり良い父親ではなかったという。
最終的に離婚しているのだそう。その時のディズニーワールドの体験が彼にとって家族というイメージに強く焼き付いた。
それを考えるとこの作品に出てくる小生意気な息子は監督を、父親役を自身の父親像に当てはめていることが理解できる。

最後のシーンで父親と、フランス人の彼女、娘と三人で仲良くホテルに訪れる。
そこに息子と妻はいない。これは父親の理想であり、息子の父親像でもある。
本当は父親は生きていて、こっちが本編だという意見もある。(=黒い夢が叶えられた結果)


●ネコインフルエンザ?
フラグは冒頭のモノレール乗車シーンから始まる。
周りの人がやたらと咳をしている。それを訝しげに見る父親。
忘れた頃に娘を医務室に連れて行った時にナースからパーク内で「ネコインフルエンザ」なるものが流行っていると告げられる。
その後父親はフランス人女性にツバのようなものをかけられる。
それが原因かどうかは不明だが、終盤ホテルに戻ると容態は悪化。下痢をブリブリして何故か服を脱ぐ。
これまた何故か猫のように毛玉を吐き出す。
息子に助けを求めるが無視される。
翌朝、何故か猫の目になって死亡するという酷い最期である。
救急隊ではなく、ディズニースタッフによって遺体を運ばれる。

どこで感染したのか、家族は感染していないのか、いろいろ思うところはあるが、いきなり生物的にも猫になって死亡するという意味不明な病気という時点でそれがファンタジーだということがわかる。

息子は最後まで父親に冷たい。父親の死はこのメッセージに終始していると思う。


●障害者のゲスト
他であまり語られていないことで自分が考察できる点はあるかと振り返ってみると、電動車椅子に乗った意地の悪いおっさんが浮かんだ。
あれは何の暗喩だったのか、父親の妄想の世界ならあんなものは出て来なくていいはずなのに。

あくまで個人的な考えとしては、一旦この作品のことから離れてみて、現実のパークでの出来事を一部始終思い出してほしい。
別にTDRじゃなくてもいい、どこの遊園地でも、ショッピングモールでも構わない。
楽しい空間で突然他の客とトラブるとなんだかいつもと違う気分にならないだろうか。
直接トラブルにならなくてもそういう状況を見掛けたとか、それだけでも違う。
TDRなら尚更現実に引き戻されたような感じにさせられる。

あの世界にいるとキャストが全て演出してるはずだから現実の醜い物は必ず排除されると思い込まされるんだよ。
でもキャストの見張れる範疇にいない限りはトラブルは必ず起こってる。
パレードであれだけの誘導係を配置する理由はそこにあるだろう。

そういう”夢の世界の破壊因子”として電動車椅子の嫌な客を出したんだと思う。
実際パーク内で電動車椅子の待遇について大きなトラブルがあったらしい。
障害者はアトラクションに並ばずに済むから酷い時は障害者を装って入園するゲストも…
そんなこともあって今では待遇を変えたとかなんとかいう噂を聞いたが詳しくは知らない。
とにかくTDR(というかアメリカ)で偉そうで嫌な客という象徴が電動車椅子なんだろうということはなんとなく知ってる。


●全てのディズニーファンが発狂
この作品をレビューするにあたって国内外問わず様々なサイトを巡ったが、8割近くは批判しかなかったね。
ただ下品で、意味不明で、伝えたいことが何もないと、馬鹿にしているのかと、そりゃもう文面から怒りの感情がこれでもかと伝わってきた。
手頃なところだとヤフーのレビューを見てみたらいいと思うが、逆に言うとどうしてわかっててウンコの中に入っていくかなとしかツッコミようがないんだよね。
無垢で純粋な()ディズニーファンとしては絶対に見てはならないものをまざまざと見せ付けられるとわかっていたはずなのにわざわざ映画館まで行って金払って観てまで批判するっていうのはちょっとわからなかった。
他のブログで見た情報だと公開時は女性やカップルが多かったとかなんとかで、ディズニーってだけで食い付いた人間もかなりいたらしい。
それでジャンルがホラーだからあわよくばキャラクター同士で殺し合いするとか、アトラクションで殺人事件が起こるとかそういう類のものを期待してたんだろう。

実際自分自身も観る前はそういう想像をしてしまった。
普段からB級Z級と冠される作品に触れ続けていればそこまでショックを受けることはないと思うんだが。

このブログで以前書いた通り批判や皮肉っていうのはそれに対する批判も全て含めて覚悟が出来てこそ作品になるのだ。
いくらブラックジョークに耐性のあるアメリカ人だって、この作品をよく思わない人間が大半を占めるだろう。
しかし制作陣に一人でも反対する者がいたら映像化は叶わないのだ。
これはたった一人の思いつきで「ディズニーランドでグロい映画撮ろうぜイエーイ」というノリでは決して完成しない。
監督はもちろんのこと、周りの撮影スタッフ、俳優、映画を配給するにあたっての流れまで全て同意が得られないと実現しないのだ。
最近ではちょうど北朝鮮の映画についていろいろ物議があったのでそちらも参考になると思うが映画なんて軽々しく配給できるものではない。

そしてそういった批判が相次いで初めて作品が完成されるのだ。
彼らにとっては賞賛されるより批判が狙い目。

更に日本で上映できたこと自体に自分はかなり驚愕しているのだ。
どうせ日本ではスルーされるに決まってると思ってたから新作レンタルリストを見て初めて日本で上映できたことを知った。
日本人がどれだけ冗談が通じない民族かどうかは下記の画像でおわかりになるだろう。


●5本指のミッキー?
2014y12m26d_212324112.jpg
どうして日本向けのPRでは5本指に修正されているのか。
日本では古くから「四つ」という言葉があり、4本指はすなわち被差別部落民への差別語とみなされる。
もっと露骨な表現をすれば4本指は家畜・畜生を指す言葉である。

だからおよそ80年代頃から「四つ」に対するメディアへの規制が入り始め、漫画キャラクターや映画、ゲームソフトのパッケージに至るまで全て指の本数が修正されるのだ。
何故ミッキーマウスが4本指かというと、様々な説はあるが、アニメーションとして描きやすいという理由があったようだ。
恐らくその考え方が踏襲され、日本の古い漫画でも4本指のキャラクターが描かれた。が、規制。

じゃあ、日本のTDRの着ぐるみが5本指になっているかというと、なんと原作に基いて4本指なんですな…この辺はさすがに権利の方が強かったと思うべきか。
もしこの作品がディズニー制作なら4本指のままだったろうか。

そもそもこんな差別用語は今の30~40代に説明してもチンプンカンプンだったな。
若い世代が理解できないような風習をいつまでも経っても規制してるから余計に差別が起こるんじゃないか?
そんなに部落って最強なのか?こんなB級映画を直さないといけないくらい神経質なのか。


●最後に
あくまで個人的な評価を付けるとするなら超適当に言っても★4つは付けると思う。
因みに自分はディズニー映画大好きである。パークに行くのも好きだ。
日本ではディズニーを好きといっても嫌いといっても批判される国で、好きといえば「ガキっぽい」「女っぽい」と罵られ、嫌いといえば「へそ曲がりの人間」と罵られる。これは外国でもその傾向があるが…

それを踏まえた上でのこの作品の評価である。
もうみんな忘れてるだろうけどこの作品はウォルト・ディズニー社とは一切関係ないわけで、それと切り離してレビューしないといけないよね?
演出は古臭いかもしれないが、制限された環境でよくここまで話を繋げられたと思うし、批判や訴訟も恐れずに制作した、その信念への評価だ。俳優への興味もわいた。
欲を言えば円盤化されたんだからメイキング映像かオーディオコメンタリーが欲しかったな。
ムカデ人間2』なんてオーディオコメンタリーで観たら悪い評価だった人も見方が変わると思う。

それとこの作品を取り上げて目くじらを立てる人間と、笑って評価できる人間がハッキリわかれてて、それも面白かったね。
もう「つまらなかった」以外の意見を言っちゃいけない雰囲気になってる。
自分もあそこまでブチ切れられると思わなかったから、みんなもこの作品の感想を他の人に言う時は細心の注意を払うこと(笑)