【お知らせ】取材依頼・情報・要望をお待ちしています(2016 10/31更新)



『見過ごせないダイアリー』では日頃見過ごせない出来事を募集しています。
取り上げて欲しいこと、情報提供などありましたら下記のメールフォームからお問い合わせ下さい。
http://form1.fc2.com/form/?id=4d918e80db75bb67
もしくはTwitterのDMでもメッセージをお送り頂けます。
https://twitter.com/misugosenai2014

【2016/10/31】
このブログではアフィリエイトリンクを貼っています。
アマゾンリンクから商品を購入すると、筆者に紹介料が入ります。

記事下部にある広告はアフィリエイトです。
1日1回クリックしていただくとありがたいです。

アフィリエイトで得た収入はブログの取材費・資料代として充てます。
いつもアクセスして下さる読者の方々には感謝しております。

また、拍手ボタンを押していただくと筆者のモチベーションがアップします。
これからもよろしくお願いいたします。




詳細(Read moreから)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Read more...

スポンサーサイト

【ネタバレ注意】ポケモンサン感想(画像編)



ストーリーの方は一通りクリアしました!

僅かな時間を見つけて時間を注ぎ込めるだけ費やしていたので、これからもブログの方はちょっとサボリ気味な記事が多くなりますが、とりあえず経過報告とレビュー。

書いてみたら結構長くなりそうなので、複数回に分けようと思います。
しばらくポケモンの話題が続くので、興味ない人は申し訳ないです。

※批判的な記事なので注意!

まだ未プレイの人は重大なネタバレも含むので、続きはクリックでお願いします。


Read more...

【映画】レディ・ソルジャー【ネタバレ】

今日は映画。
ちょっと体調がすぐれないので短めになるかも。


レディ・ソルジャー』(2014)

CAMP X-RAY
監督:ピーター・サットラー
出演:クリステン・スチュワート 他
★★★☆☆(65点)
IMDb評価:7.0/10 27,460



TSUTAYAで常に借りられていたから気になって借りてみました。
グアンタナモ収容所の問題。

ちょっと突っ込みどころで、別に女性兵士がタイトルじゃなくても良くね?
原題は違うし、他にも女性兵士は登場する。

しかもイラク戦争の捕虜を性的に拷問した女性兵士もいたよなぁ…


それに任務なんだから私情挟んで仲良くなってるのもどうかと思った。
この話だけ聞くと軍隊って収容者に対しては甘々なんだね。

しかも男1人に対して軍人何人がかりで押さえつけないと拘束できないとか、精神科で働いてる看護師に任せた方が早いんじゃね?
個人的には無実で投獄されている精神科病院の患者の方が人権的にどうかと思うわ。


【映画】空とぶニコ!!【感想】

今日はアニメ映画をちょこっと。


空とぶニコ!! 小さな弟と僕の大冒険』(2012)

NIKO 2: LENTAJAVELJEKSET
監督:カリ・ユーソネン
出演:エリック・カールソン 他
★★★☆☆(65点)
IMDb評価:5.9/10 557



TSUTAYAで続編の隣に1が置かれていたので間違える人いそう。
ナンバリングされてないから店員も気付いてないかも。


こんな時期に欧州産のクリスマスのアニメ。

子トナカイがサンタの国でトナカイの飛行隊に会いに行く話。
実は主人公は飛行隊の息子で空を飛べるトナカイだった。
オオカミとのいざこざがなんやかんやあって続編へ。

いや、2作ともアドベンチャー作品として何の問題もないんですけど大人が見ててどうしても気になってしまうのが、まず主人公ニコの母親は飛行隊のトナカイと一夜の恋で妊娠して産んだ子で、その後全く会っていない。
母親も父親に会いたくないようでニコを引き止める。
ニコが父親と再会しても父親は「子供なんていたっけ?」みたいな反応で相手にしてもらえない。

続編では父親が地上に降りてきてニコを飛行隊の訓練に誘うようになるが母親はいい顔をしない。
それどころか「寂しかったの」という理由で他のオストナカイと恋仲になり相手の子と共に家族になる。


いやー、外国の映画ってこういうのよくあるけど、なんか複雑過ぎて気まずい感じ。
普通にニコのガールフレンドとか登場させれば良かったんじゃないか?


自分自身の話、夫婦関係が悪くて離婚したらどうなるんだろって怖かったから別の父親とその子供が突然転がり込んできたらすげー動揺しますね。
きっと思春期のニコは内縁の父親と仲が悪くなるだろうね。
しかもニコは飛行隊志望だしサンタの国に移住でもするんじゃないかな。


【映画】ザ・コーヴ

今日は映画。


ザ・コーヴ』(2009)

THE COVE
監督:ルーイー・サイホイヨス
出演:リック・オバリー 他
★★☆☆☆(32点)
IMDb評価:8.5/10 39,585



シーシェパードらがしている行為は明らかに犯罪だし、テロ行為なので彼らの行為には賛同できない。
が、この映画はいろいろな側面から検証していて面白かった部分はあった。

リック・オバリーという人は元イルカ調教師。
調教していたイルカの一頭が死んでしまったことで保護活動に立ち上がる。
自身が手がけたイルカの番組で世界中の水族館でイルカショーが広まってしまったことに後悔の念を抱いている。

よく日本の意見で「日本だけ攻撃するなよ」って声があるけど、実はアメリカやロシアにも抗議運動やってて、ロシアで抗議運動やった活動家は殺されてるという話だった。
太地町でも「漁師はナイフを持っていて私達を殺しかねない」と言っていて多分漁に使う道具をナイフと表現しているのだろうが漁師達の暴力的な姿が映されていた。

あくまで保護団体の視点なので偏った表現になっていると思うが、自分は少なくとも太地町で年間2万頭も捕獲され、イルカの調教師に売る、食用は入江で処分されるという実情は知らなかった。
世界の水族館に売る行為は確か最近禁止されたんだっけ?


ただやっぱり日本人として納得いかないのは「他の家畜を食べることと何が違うのか」というところであり、その理由が「イルカは人間と同じくらい頭が良いから」という部分。
その辺の理由がハッキリ検証されていないからやっぱり納得いかないよね。
映画の世界での評価は物凄く高いんだけど。


一方で、ここまで国際非難を受けながらも頑なにイルカの追い込み漁を続けるという太地町の主張もあまり賛同できない。
映画では日本人に「イルカ漁を知っているか」というインタビュー映像があって全員が「知らないし、食べたくもない」と答えた。
しかも太地町でもイルカ肉は「クジラ肉」という名称で売られているとのこと。

老害の人たちは「クジラの竜田揚げはうめえなぁ」と口々に言うけど、自分自身食べたいと思わないし、食べる必要がないからどうしてそこまでムキになるのかわからないんだよね。


あと関係ないけど、太地町に入ると部外者が警官や一般人に付け回されて撮影されるってのが超怖かったw
ゲームの『SIREN』を思い出してしまった。
保護団体の嫌がらせ行為に対抗してるのはわかるけど、ホラー過ぎるわ。
同じ日本人としても太地町には近づきたくないと思ってしまった。


偏見だけでこの映画を見ないというふうにしてたけど、見て良かった部分もあった。
あくまで客観的に捉えることができるなら見てもなんとも思わないというか…
途中「俺たち『オーシャンズ11』みたいだ」とか言いながら隠しカメラの潜入設置はちょっと面白かった。違法だけど。