夢日記その3 「ゾンビランド」

2017y03m31d_181004614.jpg


3/29分。
神保町?駅前で遊ぶことに。

何故か超きらびやかなネオン街。

「ゾンビランド」というこれまたキラキラな建物

自分のお好みでゾンビ風メイクが一瞬でできる設備がある

エスカレーターを登るとゾンビ風メイクが完成

2階ではゾンビの格好をした人が大勢いて、みんなゾンビの真似をして歩いている(真似をしているとわかる)

ゾンビにまつわるゲームの筐体が所狭しと並び、ゾンビ姿のままプレイしている(メタルスラッグがあった)

3階?ではカードダスのベンダーが並んでいて、FFのモンスターカードが出せるようになっていた

並んでいたところ、次で売り切れとなり目が覚める



アメリカのカジノみたいにきらびやかでした。
何故かゲーム施設になっていましたが、思い通りにゾンビの格好ができるイベントは楽しそうかも?
あんなにキラキラした場所だと雰囲気が出ないような気がしますが。

それにしても自分のはレトロゲーム関係がすごく多いということに気付く…w
自分が楽しいと思っていることはスーファミ辺りのゲームなんですね。


に出てくる要素をこうして書いていくと、自分自身のことが見えてきそうです。


スポンサーサイト

夢日記その2 「巨大ダイコン」



3/28分。
田舎の田園地帯を歩いている。若干雨が降っている。

『うちのタマ知りませんか』の猫を飼っている農家が見える。

進んでいくと人の背丈ほどある巨大ダイコンを持った高校生たちが大群で歩いている。

路端にも巨大なダイコンが並ぶ。

「これだけたくさんあれば一本くらい持って帰っても構わないだろう」と思うがやめておく。

山道を登っていくとなまはげのような赤い顔と青い顔の鬼のような人がいる。

赤い顔の人は「沖縄から猿人がやってきて本州を攻めてきている」と図付きで語る。

青い顔の人が何を言っていたのか覚えていないが、「精霊がいる」的なことを言っていた。

赤い顔の人は怒った顔をしていて、青い顔の人は哀しそうな顔をしている(仮面をかぶっているようだった)。

高校生たちがダイコンを加工していて、小さいダイコンを手に取ると、「そんな小さいのじゃダメだ!」という怒鳴り声が聞こえる。



なかなかリアリティーのあるでした。
沖縄から猿人が攻めてきているから、高校生が制服姿でダイコンを加工しなきゃいけない理由がよくわからないですが。
とにかく巨大なダイコンを一本ずつ持ちながら列をなす高校生がシュールで面白かったです。

最初に歩いていた田舎道は知っている場所から、だんだん知らない場所になっていきました。
沖縄、猿人、ダイコン、田舎道、なまはげ…どれも日常と縁がないものです。

起きてから6時間後に書いたものです。


夢日記その1

2017y03m08d_161118094.jpg

初企画。夢日記。


今朝も楽しい夢を見たので覚えている限り記録してみます。

(3月7日分)
①某RPGの続編?
②ドット絵からFF7みたいなポリゴンに
③ヒロインが2人に
④ドット絵のゴーストポケモンと戦っている(ポケモンじゃないのに)
⑤RPGではなくSRPGでスパロボみたいなフィールドになっている


大好きな作品で一時期は続編を待ち望んでいたゲーム。
ドット絵が好きだったので続編でポリゴン・ボイス無しなことに(夢の中で)ホッとしていました。

あまりにも続きが気になって、二度寝してみたところ、続きを見ることが出来ました。

長い時間眠ることができないので急いで(夢の中で)ゲーム画面を撮影することにしました。
「これで夢の中の情報を現実に持ってくることができる!」と勝手に確信して目覚めると、当然ながら画像は残っていない…

久々に新しいゲームにワクワクする感じが蘇りましたが、目覚めた時のガッカリ感…
実際にゲーム化したらウケるんじゃないかという自信さえありましたが、実際作られたらさらに残念な結果になりそうなのでいいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。