BLと淫夢は同じ!?

2017y01m16d_170155256.jpg

「BL批判するくせに淫夢は批判しないんだね」

という、とんでもない暴論を持ちかけられたことがあります。

最初に指摘しておくけど、腐的にBLと淫夢が同じ扱いでいいの?

腐女子は普段BLのことを「尊い」なんていいながら崇拝してるけど、淫夢民はゲイビデオ(やノンケビデオも含む)特有の棒読み、スカトロやSMといった映像を取り上げて心の中ではバカにしつつ動画を切り貼りしてる。
野獣先輩がリスペクトされてるように見えるけど、あれは「いじめ」の構造と全く変わらないと思います。
淫夢民はノンケ若年男性が多いと思われますが、あくまで自分とは異なる属性の男性(ゲイ)を軽蔑する気持ちを持っている一方、世の中にはあんなとんでもない映像が出回っていることへの驚嘆が含まれています。
定期的に中年・熟年のゲイビデオがピックアップされて、再生数が伸びるのも「自分たちよりもあまりにも年上の人たちがすごいことをしている」という異世界感があるからでしょう。

BLと淫夢が同じでいいということは腐女子はやっぱりキャラを貶める目的で、同性愛者に仕立てあげてゲイセックスをさせているということでいいんでしょうか…?
また、BLをネタにする人たちが現れて、「このBL漫画がキモ過ぎる!!」と場面を1コマずつ切り抜かれてMAD動画にされるようなもの。
そんなことしたら、腐女子は烈火の如く怒り出すだろうし、BLをネタにしても笑える要素がないというか…

淫夢はドラマパートが取り上げられて、「こんな素人俳優が棒読みしている」とネタにされています。
むしろその割合が強いような気がします。
某特撮の棒読みがネットスラングになったように、ドラマとして違う視点から見られているんだと思います。
そもそもAVでドラマパートがクローズアップされることはあまりないことですよね。
そういうドラマ作品としての要素、男子が喜ぶゲイ・下ネタ要素がマッチングしたのが淫夢じゃないでしょうか?
BLには10代男子がネタにして大笑いできる要素がありますか…?というか、笑われてもいいんですか?

腐女子って自分がネタにされることをすごく嫌いますよね。
腐女子はBLを絶対ネタにできない、何故ならその世界に自分自身を投影しているから。
ネタにするということを自分自身を否定することになるし、友人をも否定することになります。
だからBLの世界に笑いはありません。



最初に戻ると「BLは批判するくせに~」という腐は要するに「同じゲイなのにあたしたちだけ叩くな!」と言いたいんですよね?
そもそもBL=ゲイじゃないです!
もっというと淫夢=リアルゲイの世界でもない!
ノンケ向けビデオを見て、リアルの男女交際に繋げる人なんてまさかいないと思いますが…

このベクトルで攻撃してきている以上、何の議論にもならないんですよ…

ゲイをバカにして喜んでいるという点では淫夢民と大差ないかもしれないですけどね。



最後に淫夢について一言。
筆者は淫夢の本編動画しか知らないんですけど、最近は検索してもアニメや実況ばかりのような…
ここまで原型が崩れるともはやコンテンツとして成立しているのか疑問。


スポンサーサイト

いつまで勘違いされるの?「BL=同性愛」

2017y01m16d_170155256.jpg

オタク業界について理解や知識はそれなりにある一般男性に「BLや腐女子について」聞くと大抵こんな回答が返ってくる。

「俺は同性愛について差別する気はないし、そういうのがあってもいいんじゃない?」

違う…違うんですよ…(涙)
「LGBTを理解すること」と「BLを理解すること」では全く別次元といっていい差があります。
これに遭遇する度に筆者は時間をかけて説明します。
本来は腐女子たちが誤解を解く責任があるだろと思いつつ…

このブログでも何回書いたかわからない同性愛とBLの違い、今一度おさらいしてみると、

BL=異性愛

であり、決してゲイたちの恋物語ではないということ!
あくまで”女性主観で”描かれた夢の恋愛を描く自己投影物語です。
リアルではLGBTには指先ひとつ触れたこともないような異性愛者の女性たちが考えた作品を、果たして同性愛の物語と呼んでいいものでしょうか?

登場人物は男性同士に見えますが、その実態は例えば「攻め」が男性役で「受け」が女性役だったりします。
作品を描く女性たち(腐女子)は主に「受け」側に自己投影をして妄想します。
男性にとってはあまり理解し難いことだと思いますが、男性オタクで例えるなら美少女キャラクターになりきって感情移入する人がいますが、それに近い感覚のような気がします。

いわゆる「夢女子」は自分の思い描く世界に自らを置いて、理想のキャラクターと恋愛する作品を書いたりしますが、腐女子にとってその役を女にやらせたくないというわけです。
ところが、体だけ男でもそのメンタリティは女そのもの!
女性同士にありがちなスキンシップを男性にすげ替えることで「萌え」を発生させているに過ぎません。

男性主観のゲイの恋物語であれば別に何の問題もありません。
しばしば「BLを批判するということはゲイをも批判することになる」などというとんでもないことを言われます。
BLもBLで、その枠に収まってさえいれば文句を言う人は多くないと思います。
何故これほど腐女子が嫌われるのかと言えば、あくまで自分たちの妄想という枠をはみ出して、BLという皮を被り「同性愛を理解しよう」などと混同して声高にBLへの理解を強要してくるところ!

さらに同性愛者から「混同しないで」と指摘されると、手のひらを返して同性愛当事者批判をします。
繰り返しますが、腐女子は”理解を強要”してくるので理解されないと牙を剥き出しにして攻撃してきます。
それが「腐ェミ」のようなミサンドリー(男性嫌悪)型腐女子です。

話は複雑になりましたが、そんな理由でBL=ゲイではないということをわかってもらいたいです。

BLを理解したからといって、LGBTを理解することにはなりません。
むしろそんな理屈をLGBT当事者の前で展開しようものなら眉をひそめられてしまうこともあるでしょう。

この記事が参考になるかはわかりませんが、もしも周りで同じような勘違いをしている人を見たら、「BLと同性愛は違うんだよ~」と誤解を解いてあげてほしいと思います。
筆者は一体人生の中であと何回この説明をすればいいのやら…


中には女性にモテたくて「俺はBLに理解がある」という男性もいますが、腐女子以外の女性が聞いたら普通はドン引きですヨ…そこは素直に「よくわからない」「興味がない」と言っておくのがベター。
「BLに理解のある男性(←実際はよく知らないだけ)」を腐女子の間でこれ以上神格化しないでいただきたい。


「女性向け」のワナ

広告や書店、アニメグッズ店など、さまざまな場所で目にする「女性向け」の文字…
中身を開けてみるとしばしば「BL」に関する事柄を「女性向け」と指しています。

これってなんか騙された感じがしませんか…?

「女性向け」というワードで求人検索してみると、美容、ファンシー商品の販売、デザイナー、編集とさまざまな職業が出てきます。
BLは「女性向け」と言い換えられてしまうんです。⇛「女性向けゲーム」「女性向けコミック」
以前、「イラストの仕事を受けてみたらBL(R18)のイラストを描かされて困惑した」という体験をした人の話を見たことがあります。
これって、モデルの仕事を受けたのにAVの仕事をやらされたという感じに似てます。

「女性向け」というのは中途半端な言葉で、正しくは「女性向けアダルト書籍・ビデオ」なのですから、一般人の感覚からすると全裸の女性を見た時と同じ感覚になるわけです。
サイトによって、男性向けアダルト広告が貼られているところもありますが、正直いって最近はBL広告の方が多く目にするような気がします。
それはBL広告がR18枠の広告ではなく、ツイッターのプロモーションにも流れてくるような一般広告の枠だからでしょう。

広告や実際の書籍を見てみると、裸の男同士が抱き合った性行為ありきのものばかり。
これは公共の目に触れるべきものでしょうか?

BLは「アダルトコンテンツ」です。
検索すればフィルタリングされたり、書店では男性向けアダルト書籍とともに店舗の奥に置かれるべきなのです。

性的なコンテンツである以上は目に触れる場所にあるべきではないのです。

いつまで「女性向けエロ(BLに限る)を隠してはいけない」という言い分を通すつもりなのでしょうか。
「BLは同性愛コンテンツだから良い」とふんぞり返る出版社の対応に苛立つばかりです。


【いくつ当てはまる?】腐女子に限って〇〇!

「あたしってどちらかというと男性脳なんだよね~カレは女性脳~」

という腐女子のツイートを見た。
腐女子って「オトコの気持ちが分かる」アピールが多くないですか…?
どんな女よりも女々しいのに!

腐女子の言動は矛盾したものばかり!
そんな腐女子に限って〇〇な事を挙げてみました!



腐女子に限って、

・フェミニスト気取り
・恋愛大好き
・男同士の距離感を女同士みたいに考えてる
・スポーツを恋愛だと勘違いしている
・AV反対
・ホモソーシャル(女同士のコミュニティが何より大事)
・イケメン大好き
・本当の同性愛は苦手
・生理が他の人よりも辛いアピール
・自分の性経験は語らない


腐女子の皆さん!いくつ当てはまりましたか?

いくら少年に自己投影しても腐臭が隠し切れてないですよ!



腐女子に限って結婚にこだわるというのは最近の発見。
あれだけ「NLは悪!」「異性愛者は差別主義者!」「男は永遠の敵!」と騒いでおいて、自分は男とヤりまくって結婚しちゃう腐。

腐の神経なら異性愛をして、男と永遠に結ばれるなんて絶対にプライドが許さないと思うんだけど、男の良さを知ってしまったんですね。
「やおい穴というのがあって~」「BLは女が踏み込めない禁断の関係」と語っておいて、夜は男に股を開いていると思うとすごく情けなくて笑ってしまいます。
普段から女叩きに躍起になっているが、デリ嬢にはちゃっかり勃起している素人童貞のなんJ民みたい。

BLが如何に腐女子の理想のセックスで、男キャラクターに自己投影しているか伝わってきます。
腐が推してる受けキャラこそ、理想の自分なんでしょうね。
書いてて気持ち悪くなってきたのでこの辺で。


【定期】非腐で繋がりたい

去年は「非腐女性の会」を開きましたが、あれからいろいろと反省点を考えていました。
一番感じたのはリーダーとか、幹事とかあまり決めないようにして、フラットな交流ができる場じゃないと駄目だなと思いました。
前回は筆者が幹事として、取材として、進行しましたが、私自身が女性同士のコミュニティに不慣れなもので、配慮が欠けていた部分があった気がします。

せっかくあれだけの人数がリアルに集まって共通の話題で盛り上がれたのに、その後の活動に繋げられなかったのは失敗だったと思います。


常々、インターネットの中で抑圧されている非腐の人たちと繋がりたいと考えております。

・腐要素ゼロで語れる場が欲しい
・日頃の腐への愚痴をぶちまけたい


という強い思いでいる人というのは、私も含めて潜在的に多くいると思います。
ネット上でクローズドなコミュニティを作っても、何らかのコンテンツで楽しんでいる以上、絶対に目にすることになりますから…
最近ではフィギュアスケート界に激震が走り、あの作品を機にアンチ腐になった人もいるでしょう。

自分はそういうことがあると心から疲れてしまって、他の好きな作品を見つける余裕もなくなってしまいます。
他の人はどうしているんだろうというのが気になります。



個人的に非腐で繋がれる手段として考えているのは…

・BLバーがあるように、非BLのコンセプトバー・カフェを設ける
・インターネット上に非腐コミュニティを設ける


オタク女性向けのお店に行くと必ずと言っていいほどBLコンテンツを目にしてしまいます。
それだけで「自分も腐女子と思われているんだろうか」と嫌な気持ちになり、お店から遠ざかります。
「オタクだけど腐女子じゃない!」と証明・アピールできる場所が欲しいですね。



非腐コミュニティの弱点というのは、一人ひとりの事情が違いすぎて内輪もめをしやすいところだと思います。
だからコミュニティのリーダーを決めた時にリーダーを批判することに集中して本来の目的を見失ってしまいます。
これは腐でもフェミでも、女性コミュニティにありがちなんですが、何があっても「非腐」という部分は固く持っておいてほしいという願いがあります。

腐女子は基本的に自分たちがどうして嫌われているのか気付かないので、積極的に意見を言うことは必要で、どんどん外向きの発信をしていきたいですね。



いつも腐女子・フェミの記事は10~20拍手あるので固定で応援してくれている人がいるのかなと思っています。
非腐・アンチ腐活動していく上で、何か良い意見・アイデアがあればメールフォームやコメントからお寄せいただければ幸いです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。