腐女子派閥

今までの記事を振り返って読んでいたんだが、自分の文章って結構意味不明で支離滅裂なところが多いよね。
実はこれ、リアルはこの文章をもっと酷くした感じで、電話でも「何を言っているのかわからないから他の人に変わってくれ」ってよく言われる。

せめて文章くらいは治したいものです。



さて、今日の話題。

先日腐女子は二極化していて、リア充腐女子とニート腐女子に分かれているという話をしたが、もう少し踏み入って内情を探ったところ、これがどうも想像していたより酷い派閥争いが起こっているようだ。
まず大きく3つに派閥を分けてみよう。

●801
「姐さん」だの「ベテラン腐女子」だの「貴腐人」だの呼ばれている自称古参の人達。
年代としては40~50代が多いとのこと。
彼女たちはマナーも、分別もある常識のある腐女子であり、腐女子を統べる存在として崇められている。

実際801板へ行くと実はそんなに変わりはなく、ねらー気質の強い腐というだけでやっぱり痛い。
「自分達は100%良識ある腐であり、マナーが悪いのは一部だけ!」が口癖。
と言いながら自浄作用が全くない。

下記で説明する「腐女子」を敵視している。


●腐女子
動画サイトをはじめ、ツイッターやSNSなどに頻発している荒らし集団である。
年代としては10代~30代まで幅広い。
稚拙な発言や建設的な議論が出来ないところを見ると精神年齢が小学生から全く成長していない。
一般人ならば黒歴史化するような恥ずかしいことも大人になっても意地になってずっと続けている(俺女・僕女、コスプレ・絵晒し等)。
自分自身を客観視出来ないと思われる。

彼女たちもまた「マナーが悪いのは一部だけ!」と思い込んでいる。
その一部のことを「ゴキ腐リ」と呼んで差別化している(つもり)。

下記で説明する「にわか腐女子」を敵視している。


にわか腐女子
最近よく目に付くようになったワードである。
これは801及び腐女子が、考え方の違いや好みの違いから敵派閥を攻撃するための蔑称で、腐女子による造語であることがわかった。
決して本人がにわかか、ガチかはどうでもよくて、蔑称としての意味合いしかない。

一般人からしてみたら好きな作品や人物を勝手にホモ化しているキモオタク集団に変わりはないんだが、どうやら自称腐女子にとってこのにわか腐女子というのが今最も脅威な存在ということがわかってきた。




確かに昨今、ネット上のオタコンテンツが充実してきて、腐女子というのはモテない男の格好のエサと化している。
だから多少不細工でも簡単に食えるという意味では腐=非モテ女性という方式は崩れてきたのである。
そしてそれを理解しつつある女性達が「腐女子」と自称すれば「私もモテモテ」という勘違いをするようになってきたのだ。

だから作品について大して知らなくても、ただ男を釣るためのステータスとして腐女子を利用する女が増えてきたのは確かである。
それは確かに「にわか腐女子」と呼んで正解と言えよう。


しかし我々アンチ腐女子側の人間から見てみるとこれが大きな転機になるのではと思っている。
腐女子及びBLの存在意義は全て「普通の女性とは違った趣味を持つことでコンプレックスを補完している」ことに帰結する。

でもBLという高尚な趣味が、一般女性にも広がりつつあり、認知度も高まってきた。
彼女達は全く自覚がなかろうが、これは腐女子にとって最大の危機が訪れているのである。

これまで非モテ・コンプレックスの部分を高尚な趣味で埋めていたのに、リア充な女性でも「BLって面白い」と言い始めたのだから堪らない。
吉木りさや北川景子が腐女子発言をした時の腐女子の反応はまさにそういうことである。
早く腐女子のいう”にわか腐女子”を撲滅しなければ、コンプレックスを埋められる高尚な趣味をリア充の女性に奪われ、ついに居場所を失ってしまうのだ。


にわか腐女子って偉そうに言ってるけど、そもそも原作レイプしてキャラクターをホモ化させてる時点で作品に対してにわか、もしくはにわか以下だっていう自覚がないんだなって苦笑してしまったんだけど…w
腐女子の中で本当に作品そのものを愛してるっていう人間なんて一人もいないだろ。キャラクターや声優は好きかもしれないけど。
自分からしてみたら作品をBL化させてる時点でにわかなんだよ。壮大なブーメランになってるってこと。


自分自身もそうなんだけど、元々小さなコンテンツに人が集まりだしたら離れて、他の趣味にチャレンジする。
でも腐女子はどうするのかな。
間違った男性性や擬似同性愛に逃げていたのが、一般女性に奪われてきているわけだけど、次はどうやってその醜いコンプレックスを埋める?

とか考えてたらもうBLから移動していたねw
最近は「女の子にも萌えられる」という腐女子が増えてきた。
急速なにわか腐女子の侵食への対応策が美少女趣味に媚びることである。
BLと美少女趣味の共通点は「男性の立場になって趣味が理解出来るアテクシ」という部分だ。
だから根本は何も変わっちゃいない。

「それって、女性視点でアイドルとか、魔法少女が『可愛い』っていう感覚?」と彼女達に聞くと否定される。この理由なら納得いくし、愛情を感じられるから。
しかし彼女達によると、どうやらあくまで男性視点で女性を評価しているらしいのだ。
え?なんかそれってにわかっぽくない?

長くなりそうなんで、これについては別の機会で検証してみようかな。


あと数年で腐女子業界は一気に大きく変わると思う。
なるほど、腐女子っていうのは逆に認知度が上がることで、撲滅することが出来たんだな。
害虫が蔓延る農場に天敵を放つことで生態系を変えて、農産物を守るって話を聞いたことがあるけど、まさにそれだ!
薬を散布したり、一匹一匹潰していくより、他の生物に任せた方が早かったってわけだ。


自分は高みの見物で腐を煽りつつ生暖かく見守りたいと思います。
ちなみに自分がここまで腐女子に執着してるのは好きな作品を汚された恨みと、リアルの腐の被害に遭ったためです。


スポンサーサイト

メタルスラッグ

「アストロノーカ」と同じくPSP内で長らく積んでいたゲームアーカイブスのソフト。
メタルスラッグ」という作品もプレイしてみた。


子供の頃から気になってはいたんだけどプレイする機会もなく十数年が過ぎ…

元々2D横スクロールアクションが苦手な自分はなかなかの難易度。
昔は超魔界村で1ステージ目から全く進めなかった程である。
なので実はこのゲームをやりこむつもりはあまりない。


しかし噂に聞いていた通りのコンセプトに鳥肌が立った。
今では絶対に誰もやらないであろう、超美麗なドット絵が見事にヌルヌルと動く。
昨今の3Dの方が劣っているのではと思ってしまった。

元々のファンの方々には「今更何をいってやがるんだ」という声が聞こえてきそうですが、何が面白いかというとメタル”スラッグ”=鋼のナメクジというタイトル通り、人だけでなく、兵器もまさにナメクジのようにヌルヌルと動くのだ。
実在する戦車や戦闘機を元にかなりデフォルメされた兵器が多数登場する。
まるでツメが重なり合ったような履帯が特徴的。

デザイナーはザ・キング・オブ・ファイターズ等で知られる森気楼氏。
デザイン画はかなり描き込まれており、兵器はもちろんのこと、人間くさい描写で描かれる兵士がまた面白い。
ゲーム本編よりもゲーム内にあるアートギャラリーに見入ってしまった。

強いて微妙というとすれば、美少女やロボットのデザインはそれほど得意ではないのかなと。


この方は現在CAPCOMに在籍しているようだが、メタスラのような方向性のイラストではもう活躍していない模様…
(ちなみにメタルスラッグシリーズでデザインを務めたのは3まで)

これだけ画像が遺っているのだから画集のひとつでも出てるだろうと思っていろいろ調べたんだが、一冊たりとも発売されていないようだ。
一応メタルスラッグ公式サイトでいくつかアップされてはいるんだけどゲーム内のアートギャラリーには及ばず。
KOFは設定資料的なものがあったんだが…もしかしたらSNK画集に収録されているかな。

KOFもそうだったけどSNKのゲームはゲームのおまけにアートギャラリーを儲けてるのが特徴的だったね。
というかアーケード→家庭用ゲーム機の流れを踏んだゲームは大体おまけにそういうの付けていたか。




昨今戦車や戦闘機が盛り上がりを見せているんだからメタルスラッグも再評価されていいと思うけどなぁ。
そういえば兵器のデフォルメって未だかつて話題に上らないし…たまごひこーきくらいか?

最近は海洋堂が「ワールドタンクデフォルメ」というカプセルトイが出て、何度か回したんだけどなんだかしっくりこなくてね…
ディテールは圧倒されるものがあるんだけど、どうにもデフォルメしきれてない感が拭えない。

かといってこの手のものは可愛くし過ぎてもダメなんだ。
SDガンダムなんかは成功例で、リアルでのカッコ良さは残しつつデフォルメされているのが素晴らしい。

だから個人的に「たまごひこーき」にはピクリともしなかった。


メタルスラッグはその点完璧なんです。
可愛すぎず、リアル過ぎず、安定的なデフォルメがされている。
そしてこの作品は立体化率が致命的に乏しい…
スケールキットを改造してメタスラ仕様にしてる人が一人くらいいてもいいのでは。
いるのかもしれんけど。

そしてメタルスラッグオリジナル兵器のデザインも凄い。
二足歩行のロボットになると微妙なんですが、ボスメカ等は戦車や戦闘機を元にカスタムしてるのがたまらなく良かった。


ああ、ゲームそのものの話からだいぶかけ離れてしまった。

恐らくあまりにもマイナー感があるのは、プレイしてないけど3以降のゲーム性に問題があるのはわかる。
ゲーム性が落ちているのが目に見えてわかるだけでなく、美少女キャラとかSF路線に走りすぎているのが原因か。
どうやら完全ミリタリー路線なのは初代のみみたいです。


でも初期の作品だけでも十分に評価されるべきゲームなので、何かの機会で盛り上がったりしないのかなぁ。


シャーペン禁止の真相

暇人\(^o^)/速報 : 小学校でシャーペン禁止されてた理由が今だにわからない http://himasoku.com/archives/51349654.html

このスレも定期的に立つけど、世代的には20~30代くらいにはわかる内容か?
30歳代から「今の若え奴にはわからないだろうけど俺らの時代はシャーペンなんか使えなかった。今のガキはゆとりだからシャーペン使ってるんだろうな(ドヤアァァァァァァ」ってドヤ顔で言われた記憶があるので恐らくは30歳代の人らも禁止されていたんだろう。

ぼやき世代(30~40代のこと)は顔真っ赤にして否定するかもしれないので申し訳ないけど、20代ゆとりの自分の頃から禁止されてたからw悪いねぇ~ww
今の10代以下は知らんけど、鉛筆書きの字を未だによく見かけるので学校によりけりだと思われる。
だから今の小学生にドヤ顔で「俺らの頃は~」なんて言ったら「おじさん何言ってんのww」って馬鹿にされちゃうよ。

ドラゴンボールとかセーラームーンとか再放送でジェネレーションギャップを埋めてる戦法は素晴らしいですよね。
戦隊・仮面ライダーなんかも新旧使って映画作ったりと、親子で楽しめる。
だからぼやき世代に言っとくけど「若い奴は知らんだろうけど(ドヤァ」ってのはあんまり通じないと思った方がいい。



で、ネットが普及して今になってようやくその理由が明らかになってきたわけだけど、自分が聞いてた理由とは全然違う。

●姿勢が悪くなるから
これが自分達が言われていた理由。
子供ながら全く納得いかなかったし、今考えても納得いかない理屈である。
しかも何故かクラスによって規定がマチマチで、2組は良くて3組は禁止、授業中は鉛筆で授業以外なら使ってもいいみたいな矛盾ルールで一時期はクラス同士の喧嘩に発展していたことも…
そこまでしてシャーペンを晒し上げる理由って???


●貧乏な家庭が買えないから
一番納得出来る理由としてはこれ。
当時のモンペが「うちの子だけシャーペンが買えなくていじめられてる!シャーペンは禁止させて!!」って怒鳴り込んだのかも?

それにしてもこのことが全国的に広がるとはちょっと信じ難くもある。


●小さな文房具店との癒着
どうして潰れないの?っていう文房具店って結構ありますよね。
あれは小中学校が大口顧客で維持してるとのことだけど、シャーペンがダメっていう直接的な理由にはならないような…

シャーペンが売れれば文具店も文具メーカーも儲かるわけでしょ?
うーむ、納得いかん。


●教師が新しいものに対応できないから
なんだかんだ言って、これが真理だと思います。
この2013年現在でさえ、ワープロ(死語)・携帯使えない人いるからね。

ぼやき世代の未来が正にそうだけど、新しい技術についていかれないのは勝手だけど、子供に嫉妬するのはみっともないからやめようやw


自称サバサバ系女・自称おっさん女

2chスレのソースを見失ってしまったが、「男性が避けたい女性の特徴」みたいなスレがあって、その中に

「自称サバサバ系」
「自称おっさん」

っていうのがあって納得してしまった。


個人的な感覚だと自称サバサバ系は昔よりは減ったような気がする。
あれは一時期男性アンケートかなんかで「サバサバしてる男みたいな女性がいい」みたいな意見があって、それから流行り始めたような気がする。
で、いつからか女達が自分から「アタシサバサバ系だから」とか自称し始めた。

そして自称してる女性ほど女の嫌な部分の塊であることに多くの男性が気付き始め、今に至るというわけだ。


しかし自称サバサバ系は自称おっさんよりはまだ痛くない。
自称サバサバ系は基本的に働く女性、学生、スイーツ()、婚活中の女性が多い。
一応社会人でいて、仕事も恋愛も活発な女性が陥りがちな体質である。

一方自称おっさん女はそこに非モテ系の女性も加わり、更にそれが半分以上を占める割合に見える。
一番最悪なのが腐女子の自称おっさんである。

本人は女らしくありたくて、アピールのためにサバサバ系・おっさんと自称している場合は彼氏でも出来ればまだ救済の余地がある。
しかし腐女子のように女性性にコンプレックスを持っていて、男性の心理を完全に理解したと思い込んでいる非モテの女はただ鬱陶しいだけのアピールなのである…

非モテ女性の自称おっさんは多少恋愛的なものも意識しているが、基本的には他の全ての周りの人間に対する「僕は他の女とは違うんだぜ」という一種の邪気眼とも言える中二病症状であることを念頭に置いておいてほしい。
この「自称おっさん」という呪文を唱えれば周りの人間全てに男性の心も理解し、尚且つサバサバ属性も併せ持ち、男性視点で女性を理解することの出来る女の枠組みを超えた超性能の人間であると知らしめることが出来るのだ。
極めつけには「おっさん」という単語を用いているところに着目してほしい。

正直自称おっさんの20~30代男性もウザいがこれはまた別のお話。


彼女たちが自称するおっさんの定義は、見た目的な要素よりも行動や心理的な部分を指す。

・30~50代男性のメンタリティ、世代的感覚
・他の女性をスケベな視点で見る


こうしたおっさんの要素をあえて女が身に付けることによって、「女なのにおっさんw」というキャラを確立することができ、(周りは痛いと思ってるのに)優越感に浸ることが出来るのである。
サバサバ系よりもわかりやすい言葉で女性版”オレツエー”が出来るのが「自称おっさん」というわけだ。


おっさんアピールそのものもウザいんだが、中でも痛いのが、

「おっさん、もう疲れちゃった」
「おっさんはねーもう年だから


とか一人称で使ってるのをリアルで聞いた時は鳥肌立った。これ20半ばの女が言ってるのよw
俺女とか僕女とかとはまた違った寒さだよね。

まだ20代で「アタシもうおばさんだからーw」っていう方がまだ微笑ましい。
というか、自称おばさんって絶滅したような…
あ、でも自称BBAはおっさんと同じレベルの痛さなので注意。


本来「おっさん」なんていう単語は男にとっても女にとってもネガティブな印象を持つものである。
一方で若者が「おっさん」という言葉を使うことによって達観した、大人の印象を与えることが出来ると思うことが可能な便利なワードでもあるのだ。
おっさんが自分のことをおっさんといっても何の違和感もないけど、若者が自分でおっさんとか言ってるの聞くとね…ふかしタバコをする中学生みたいな感覚なのかな。


過激にツイッター

ツイッターでちょっと実験を。

過激なツイート、過激なフォロー、過激なリムーブ、過激なRT、過激なお気に入り登録、スパム・ブロックを実験するため、それぞれアカウントを作成した。

過激なツイート:ネット上で適当にコピペした文章を一日150程ツイート。凍結。
過激なフォロー:一日900強のアカウントをフォローしたところで凍結
過激なリムーブ:一日50以上リムーブしたが、継続中
過激なRT:RTが原因かわからないが凍結される
過激なお気に入り登録:無差別にお気に入り登録を100程して飽きたが継続中
スパム・ブロック:多数の対象に攻撃的なリプを行いブロックさせた。どれくらいの数にブロック・スパム報告されたかわからないが凍結後、すぐに復活させたが、一日足らずでまた凍結。現在問い合わせ中。

過激なアクションで凍結されるのは案の定って感じだが、スパム・ブロックは非のない相手でも人を募って集団ブロックすればどんなアカウントも凍結させられるシステムは問題じゃないかと思った。
ので、「集団ブロックされました」と報告して現在回答待ち。
ツイッター運営側はどうやらいちいち内容を確認せずにブロック数・スパム数だけで凍結させているようだ。

一時期スカイプで同じことが流行ったが、通報システムは悪用にいくらでも使えるところが難点(利点でもあるが)。

余談だが、過激なツイートは批判的な言葉を発し続けたんだが、それが原因かどうかはわからない。
でもそれだったら批判・愚痴が多いのもアウトになるよな。そんなん別にたくさんあるし。

過激にスパム・ブロックをし続けるとどうなるのか試してみたい。
ちなみにアカウントを作り続けても凍結されるらしい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。