開封後後はお早めに(ry

最近ちょっと失敗した話。
で、ちょっと言葉の表現が難しい話をします。

ファミリーパックで外袋の中に小袋が複数入ってるお菓子ってあるじゃないですか。


とあるチョコレート菓子。6袋くらい小袋が入ってます。
外袋を開けて1ヶ月くらい経ってた小袋をひとつ開けてひとつ食べた後に他のチョコレートに白いブツブツがあるのに気付いてしまいました…恐らく白カビです。
このチョコレート菓子は外袋を開封するとチョコの香りがします。
これは外袋で密閉されていて、小袋には小さな空気穴が空いてるタイプのお菓子でした。
だから外袋を開封した瞬間に、中の小袋のお菓子は劣化し始めるんです。
仮にこれを「外袋劣化タイプ」とします。

で、これがややこしいお話で、外袋には「開封後はお早めにお召し上がり下さい」と書かれている。
それが外袋開封なのか、小袋開封なのかで全然意味が違ってくるんだよねえ。


小袋開封で早目にっていうのは当然なんだけど、「外袋劣化タイプ」のお菓子の見極めって、これが意外と難しい。

基本的に外袋を開封して中のお菓子の香りがしたら、「外袋劣化タイプ」


でも外袋を開封しても小袋に空気穴が空いていなくて、外袋開封放置でも劣化しないタイプのお菓子もあるんです。
これを仮に「小袋劣化タイプ」とします。

で、厄介なのはこれも同じく「開封後はお早めに(ry」と書かれているんです。



せんべい等の乾燥系菓子は賞味期限が1年くらいあったり、長いものが多いです。
が、「外袋劣化タイプ」「小袋劣化タイプ」があり、更にあまり匂いがしないものがあるので日持ちが良い物だからと思って放置してたらカビなんてことがよくあります。


まぁ結論的には「なんでも開封したら早く食べなさい」って話なんだけど、気使ってるメーカーは「“外袋”を開封したら早目にお召し上がり下さい」と書かれてる場合もある。
そういうとこはクレームあったんだろうね。お気持ちはお察ししますが…

でもメーカー側も注意書きのところに「開封後は~」のところを「外袋開封後は~」と一言加えるだけでもいいんじゃないかなぁとは思う。


余談だけど、箱系のお菓子はもちろん「小袋劣化タイプ」がほとんどです。
お土産系お菓子(饅頭・ケーキ系)は「外袋劣化タイプ」がほとんどです。


久々にマジマジとカビを見てしまった(多分食べてしまった)のでちょっとショックな出来事でした。
少量だったし、一応身体はなんともないけどね。


スポンサーサイト

ぼっち席

【画像あり】 京都大学の食堂に出来た 「ぼっち席」 が 悲しすぎる wwwww
http://news.2chblog.jp/archives/51758353.html

素晴らしい第一歩だ!
天下の京大が一番にこれをやってのけてくれるとは思ってなかったよ。
どっかのFラン大が暇つぶしにやってたら説得力がないけど、京大がやってくれるなら波及力もあるしなぁ。

誰かわからんが、理解ある教授がやってくれたんだろ。
教授ってもんは大概無能ばっかりだけどマシなのがいたのかー。

自分はこれを5年以上前からネットで叫び続けていた。
それこそ「便所飯」という言葉が出来る前から言い続けていたわけだ。



でも突っ込まれてる通りまだまだ足りない!!!
このまとめサイトの下の方にある画像のような、完全間仕切りの仕切りがなきゃダメだ。
まずこれが基本。

自分は京大のレベルのぼっち席ではまだ恥ずかしくて使えないね。

それからもっと分析してほしいのは距離の問題だ。
この写真を見る限り隣の人の足に当たりそうなくらい近いじゃないか。
これでは自分ぐらいのぼっちになると落ち着いて食べた気になれないね。

これは窓際のカウンター席にも言えることだけど。


ぼっちは「パーソナルスペース」が人よりも広い。
だから空間を広げるか、逆に狭めて完全間仕切りにするとベスト。
これでようやく本当のぼっちがトイレではなく、食堂に来てくれる。


で、ぼっち飯の最大の問題は“女性”!
この写真には男子学生しか映ってないんだけど、見えない問題というだけで昼飯について一番悩んでいるのは女子学生なんです。
まとめサイトのどこかの飲食店らしい完全間仕切りの座席では社会人だろうけど女性がいるだろ。
十分な空間もあって両隣気にする必要がない。

大学の食堂にぼっちの女子学生を呼び込めたら大成功ですよ。

あとソースはないんだが、京都大学に続いて、神戸大学でもぼっち席が採用されているそうです。
んー、なんという進歩!
便所飯という言葉もなくなってしまいそうな勢いだ。




で、一応言及しとくけど、これでコミュ障の学生を増やすことには繋がらないから大丈夫。
ぼっち飯したい人の中には友人はいるんだけど、昼の付き合いがかったるいとか、友人に合わせなきゃいけないから食べたいものが食べられないとか、昼くらいは一人になりたいとか、悩みを抱えている学生も多い。
あとガチ友人ゼロのぼっちは卒業までぼっちでコミュ障だから個人のケアをする場を別に提供するべきであって、食事どうこうの問題じゃない。

今後学生だけでなく社会人も一人で食事出来るスペースの需要は増えてくると思いますよ。

食事というコミュニケーションで話を綺麗にくくるのは簡単かもしれないけど、都心の12時を過ぎるなり、牛丼屋で家畜みたいにひしめき合ってブヒブヒクチャクチャ食ってるのも異様な光景です。
多分牛丼屋の店員は客が全員豚に見えて仕方ないだろうね、といつも思う。外から見ても家畜舎に餌を撒いてるように見えるんだから。
あれはまぁぼっち飯とは違う別の問題が孕んでますけどね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。