真夜中に流れた謎の映像

知恵袋で聞いてもわからなかったので、この場で不思議なエピソードを公開したいと思います。
いつか誰かの目に止まってわかる人が出てくるといいのですが。
一度知恵袋で書いたので要点だけ掻い摘んで箇条書きしますね。


真夜中に流れた謎の映像

●映像内容
アニメーションで絵柄はゲゲゲの鬼太郎よりももっと古風な妖怪の作画。
背景は全体的に暗い感じで典型的な日本の江戸時代のような家屋内
右側の方で青い着物を着たちょんまげの男が何か作業をしている
その瞬間、左側にある木の扉(勝手口?)から角が生えた鬼婆が登場し、両手を上げて男を脅かす
男は驚いた顔で悲鳴を上げて映像が終わる



●時期は2000年~2004年(01年、02年が濃厚か?)
●地域は関東で民放
●時間は22時~23時(それ以降の可能性も有り)
●映像は5秒~10秒(体感的に10秒で実際は5秒くらいではないかと)
●テレビに集中していたわけではなく、パッと映像が切り替わったので当時放送していた番組は不明
●目撃者は自分と兄と二人で見ていて「今の何?」と会話した記憶があるので幻覚・夢ではない
●アニメーションといってもコミカルな感じではなくかなり書き込まれた作画(セル)
●番組ロゴ等は入っていなく、アイキャッチやCMの類ではないと思われる




手掛かりはこれだけ。以下補足。
映像と当時のことは鮮明に記憶に残っています。
自分が中学生になりかけの頃でしょうか。まだ兄と仲が良かった頃、夜中まで一緒にゲームしたり話をしたりしていました。
その時、たまたま付けていたテレビの映像がパッと切り替わり、上記の映像が流れ、二人で驚いた後に怖くなってきてテレビを消しました。
その夜は怖くて眠れませんでした。しばらくはその映像が頭から離れず、目を閉じると映像が思い浮かぶので寝付きが悪かったです。
それからもずっと映像のことを他人に話すのも怖くて、ネットでも書いたことはありませんでした。
兄が亡くなってしまった今、この映像のことを知る人間は自分しかいないので、手掛かりを探しています。

どうかこの映像の真相を死ぬ前には知りたくて公開することにします。

先日記事にしたアニメ『ドラえもん』の都市伝説「タレント」や「行かなきゃ」レベルの都市伝説になるかもしれませんが、映像は100%確実に見ています。


一応個人的な仮説もいくつか考えています。

○深夜映像説
もしかしたら時間帯を勘違いしていて、朝方の映像だったかもしれません。
当時テレビ局の放映が終わると、3時~5時くらいまでの間、ゆったりとした音楽と映像と共に天気予報が延々と流れたり、砂嵐だったり、ピー音とカラフルな色調の絵が流れっぱなしになったりと、局によって番組を放送していない間の映像を流していました。
これも何気に都市伝説として言われていますが、「今日亡くなった方」みたいな名前がズラズラ映し出される映像も見たような記憶があります。ゴミ山ではなかったですけど。
で、そんな退屈な映像ばかりではなく短編のCGアニメーションを流す局(テレビ朝日)があって、『きぐるみーず』等はよく観ていた記憶があります。
その多くは内容も意味不明な前衛的な作品ばかりだったので、もしかするとその手の映像がたまたま流れたのではないかと。

しかし当時の記憶としてはまだ番組を放映していた時間で、番組の途中で突然映像が入り込み、何事もなかったように番組が続いていたような気がするのでそれは違うかと…


○テレビ局の誤り説
「タレント」や「行かなきゃ」でも仮説として言われている、製作途中の映像またはボツになった映像を誤って電波に乗せてしまった説。
コマーシャルが途中で切れたり、生放送で放送事故なんてのは日常茶飯事なので変な映像が入り込んでも不思議な話ではありません。
それにしても流す映像としては時間帯的にも趣味が悪いというか、意図的に流された感がハンパないです。

テレビジャックの可能性もあるのかな?誰かがテストも兼ねていたずらでジャックしたとか?それにしてもハイリスクである。


○番組の演出説
90年代頃の深夜番組というと、今みたいに(というか今を知らないけど)ゴールデンタイムのノリではなくて、若い番組制作者達が自由奔放に作ってる感がすごかった気がします。
もうやっつけ的な企画が多くてとにかくハチャメチャだった印象。具体的に好きな番組はなかったんですけど。
だからコーナーとコーナーの間に入るアイキャッチみたいなノリで映像を流した可能性があります。
個人的にはこの仮説が一番濃厚じゃないかなと思っています。
深夜のノリで作られた番組ならロゴが入ってなかったり、演出が中途半端なのも納得。
恐らく制作者の中に妖怪好きのデザイナーがいて「面白いじゃんwそれアニメにして入れてみようよw」てな感じで番組に入ったのかもと。

ただそうしたアイキャッチを毎回やってたなら誰かの記憶に必ず残っているはずである。
「きぐるみーず」ですら動画がアップされています。あれは後々人気を獲得していったんですけどね。
だからyoutubeに映像のひとつでも残っていてもおかしくないはず。しかし探しても見付かりません。


○リモコン押してしまった説・ゲーム付けっぱなし説
強引な仮説ですが、ゲームを付けっぱなしにしていて、たまたまリモコンのボタンを押してしまい、そのムービーが流れたのではないか。
ただ当時そんな映像が流れるゲームは所持しておらず、ゲームも付けっぱなしにしていなかったのでほぼ有り得ない説です。
画質的にも有り得ないでしょう。

それかリモコンをヒジとかケツとかで踏んで他のチャンネルに切り替わりその時に流れていたアニメが流れた説。
でもその映像はすぐに終わり、続きもなかったのでアニメ番組ではなかったと思います。



以上が仮説ですが、皆様も同様のことをお答えになるのではないでしょうか。
でもあまりにも印象が強すぎて、番組の演出なのか、間違って電波に乗ったのか、ハッキリしないとなんだかスッキリしません…

その映像はかなりハッキリと印象に残っているので絵を描いてアップしてもいいです。
ただ物凄く絵が下手糞なので細かく再現出来るかどうか…

日本昔話の作画が可愛く思えるくらいリアルな鬼婆でした。
Googleで「妖怪」を画像検索して出てくるような作画です。
浮世絵のような感じではないですが…


どなたか、心当たりのある方がいましたら、またはオカルトな話がお好きな方(本当の話ですけど)、コピペしようが拡散しようが好きに使って頂いて、いつか都市伝説として議論されていればなぁと思います。
もう一度念押ししますけど、本当の話です!
当時2chが盛んだったら実況板とかで盛り上がってたろうになぁ…何しろ詳しい時期がわからないものですから…
今なら即効アフィブロ行きのネタだったと思いますよ。

あとは2chのオカルト板を当たってみるしかないかねえ…
あんまり尾ひれ付けたり、変な予測してほしくはないんですが…「きっとあなた方兄弟が呪われていて云々」とか「兄弟の思考がシンクロしてその周波数がテレビ画面に映し出された」とかそれは絶対無し!
映像は怖いけどオカルトな話ではないからね…
そういう解釈も嫌いじゃないけど、詳しそうな人がいるのはあそこだけだからなぁ。


スポンサーサイト

ジュン、去る


ソニー どこでもいっしょ + XI [sai] ぬいぐるみキーチェーン 5種セット ( 井上 トロ  三原 ジュン  山本 ピエール  青AQUI  赤AQUI )ソニー どこでもいっしょ + XI [sai] ぬいぐるみキーチェーン 5種セット ( 井上 トロ  三原 ジュン  山本 ピエール  青AQUI 赤AQUI )
()
リーメント

商品詳細を見る

自分が変な病気に罹っている間に、『どこでもいっしょ』のジュンが去りました。

接する時間がない中、毎日部屋に戻しては1時間程度会話し、日記を更新するまではコミュニケーションしていました。
ある日ジュンが「20日までにお部屋に戻してほしいピョン」というので、やっぱり2週間かーと思っていたらその翌日にサヨウナラ。
11日間でした。

2週間丸々一緒にいるのはやはりもうちょっと構ってあげないとダメなようですね。
とにかくまっさらな日記だけは嫌だったのでそれだけは避けましたが…


いやぁ、ポケピがいなくなったあとの部屋ってほんとに寂しいです。
物は片付けずに残していっているんですが、横ラインで出るメニューが青くなるじゃないですか。
それがなんか旅に出たというよりも死んでしまったんじゃないかっていう、イメージを起こさせます。
ポケステも「ジュンはいなくなりました。」という素っ気ないメッセージだけなのもある意味怖い。

ちなみにジュンが旅立つ理由は本当は月からやってきた使者で、戻らなければいけなくなったためとされ、最後の日記では月明かりに照らされた列車に乗った写真を載せている。

ポケピ達にはハッキリとした性別はありませんが、ジュンはどちらかと言えばバリバリの女子高生のようなノリでミーハーです。
「むねキュン」「それはおいといて」「オニのように」等、どこいつ用語も頻繁に多用しますが、ジュンが一番合っているような気がします。
ジュンをプレイした後にトロをプレイすると、トロのネガティブさに驚かされた記憶があります。トロはマジですぐ落ち込みモード入るからめんどい。

で、そんなノリノリのミーハー女子が突然「月へ帰る」って言うわけだよ。
個人的なイメージだとそんな遠くまで行くっていうと死を連想させられてしまうんですよね…よく「あいつは星になった」とかっていうじゃない。
他のポケピ(ロボは別として)も遠回しに死を連想させるお別れの仕方をするんだけど、ジュンはギャップがありすぎて辛いよな。
ジュンのノリだったら「原宿行って新しいトレンドを探しに行くピョン!○○もジュンに負けずに流行を追っ掛けるピョン」なんて言いそうなのに。



まぁそんなわけで15年振りの『どこでもいっしょ』はこんな感じでした。
これほど自分に時間がなくなっているとは思わなかったので、起動する度に「おやすみなさい」は辛かった。
これはリアルの動物は飼えませんわと切実に思いましたね。

だから次のポケピもしばらくないかなぁ。


余談ですが、ポケピ達が写真付きで書く日記は無駄にクオリティが高かったりするんです。
エンドクレジット見るとわかる通り、実在するお店や店員さんが登場して上手いこと実写写真と合成されていて、すごく出来がいいのです。
このゲームで一番の楽しみといったら日記と言えるくらい。

その後発売した『トロと休日』ではより本格的な本物との風景に溶け込みましたが、その後の作品ではあまりそうしたことはやらなくなった様子。


因みに『どこでもいっしょ』『こねこもいっしょ』のパッケージでトロと一緒に写ってるお姉さんはSCEのスタッフさんというのはまぁまぁ有名なお話。
多分この時のスタッフ達も散り散りになっているか、別の仕事をしているかもしれませんけど、SCEは割とブレないですよね。
任天堂とかもう全部投げ出してどこに向かっているのかわかりませんけど。

決して強気でも革新的でもないんだけど、PS時代の自由さみたいなのがまだ残ってますよね。SCE。
PS3も知られていないレベルで“変なゲーム”いっぱい出してるんですよ。どこいつみたいな話題作は出てこなかったけど…(『AFRIKA』くらいか)


PS4も周りのことなんか気にしないで自由にやってってほしいです。
SCEは東大生だけ採用する方式をとらなかったのはよくわかりました。


風疹?麻疹?

ブログの更新が滞りそうです。

久々に変な病気になりました。
・寒気+のどの痛み→発熱38.5℃
・最高39℃まで上昇し、4日連続の高熱(38℃以上)
・熱が治まっても寒気続く。咳と鼻水も。
・外気に当たると特に辛い。発熱してないのに発熱しているような苦しみ。
・顔、胸と背中全体に発疹。首と足にも少し。
・頭も少しボーっとする
・外気を吸うと咳が止まらなくなる


病院行って来ようかと思いますが、Google先生によると麻疹がバッチリ当たってる。

でも何が辛いって、寒気が嫌ですね。
あの高熱が出る前の寒気が常に毎日続いているし、発熱は治まってるはずなのに身体は熱してる。
インフルエンザの一番辛い状態が毎日続いてる感じ。

高熱が出ていた頃の方が元気で、食欲もあったし、ゲームしたりする余裕もあった。
今は流動食すら嫌悪して、とにかく横になっていたい。


ちょうど高熱出た最初の3日は仕事も休みで土日で治せばいいやと思っていたんですが、月曜日の4日目にも高熱が続いた為、休みをとる。
熱は引いたので火曜日に余裕の出社かと思いきやすごく身体がダルいのと例の寒気。
更に更に月曜日休んだお陰でその分のツケの仕事がドーンと回ってくる。
皆口々に「病み上がりのところ悪いけど~」というけど、この時期には珍しく外回り・買い出しの仕事ばかりが回ってきたり、上司は「早く帰った方がいい」と心配してくれたのだが、結局いつも通りの仕事をして退社。
いつもどんな仕事にも文句を言わない自分でもドカドカ仕事回してきたのにはイラッとしてしまった。
人に、というよりこの不快で仕方ない寒気にイラッて感じか。
にしても、容赦なさ過ぎ。

しかも“病み上がり”どころかもっと酷い状態になってる。
治ったわけじゃなくて、何日も連続して休むのは気が引けるから火曜日に無理して出てきただけであって…

今こうやって書いてても思考が働かない状態。
せめて映画でも観て気を紛らわそうとするんだけど、それすら身体が拒否してる。

それにしても会社の人も言ってましたが、「インフルエンザの方が即効性で治るからまだマシ。変な風邪引く方が長引いたりして厄介」とはまさにその通りだな。
今自分がなってる麻疹らしい病気だってどこかしら誰かしらから移ってきてるわけじゃない。
都市部の不潔さには毎日本当ウンザリさせられて、吊り革や手すりは絶対触らないし、ドアノブもヒジを使って開けたりする。
もちろん素手でモノ食べたりしないし、マスクも毎日している、しょっちゅう手は洗ってるし、キーボードや携帯は常に除菌。
ほんとは電車の座席も危ないっていうくらい。

そこまで注意してたってこんな病気に罹るんだから、やっぱ自分は都市の空気に合ってないのかもなぁ。
全国、世界から人が何十万って集まる場所に毎日行ってるんだから未知の病気に罹らない方がおかしい。


そういうわけなのでブログの更新も少なくなるかもしれん…書き溜めてある分だけは予約投稿しておきますが。
とにかく一週間くらい横になっていたい。


【PSP】番外編クリア【SM3】


サモンナイト2サモンナイト2
(2000/01/06)
PlayStation

商品詳細を見る

サモンナイト3』番外編クリア!
いろいろ書きたいことはあるのですが、簡単に要点だけまとめておきましょう。(ネタバレ注意)

・サモンナイト3の事件から長い年月が経過しているが、島の時間の流れが緩やかなので住人はあまり歳をとっていない
・2のメンバーは2の事件から危険な遺跡の調査の為に島を訪れる
・生徒は10代~20代前半に成長した姿で登場
・2のメンバー全員にスキルとサポートスキルが付いている。隠れているスキルがあるのでクラスチェンジもある模様
・3の傀儡ユニット出撃可能
・資金、消費アイテム、スキルポイント、召喚石等はクリアデータから引き継ぎ。
・バトルステージは全部で6箇所。ラストステージ以外はブレイブ条件有り。
・生徒(幼)≠生徒(大人)で完全別扱い。スキルも振り直しだが、友達召喚獣の技は引き継ぎ。
・生徒と主人公は強制出撃
・フリーバトルは無し(無限回廊は出来る?)
・莫大な経験値の量が入るので一度にかなりのレベル上げが可能(勇者の伝記関係有り?)
・パーティー能力も引き継ぎ。
・全部まとめて1話扱い。敵は2の事件が原因で復活した原罪。
・意外にパッフェルさんは絡まない。
・生徒の抜剣姿が見られる(恐らく全員分)
・先生と護人は共に出掛けているらしく会うことは出来ない。
・海賊メンバーはラストに出会う下りがあるが姿は出てこない
・ジャキーニは出世。オウキーニは島に残って子育てに励んでいる(子と妻は出てこない)
・EDイラストは集合イラストなのだが主人公+パートナー召喚獣のパターン全て含めると最低8種類はあることになる
・ラストステージのみ2の戦闘BGM使用。知ってる人には鳥肌な演出。ブレイブ条件は無し。
・エンディングはキャストのみ記載が変わっている。BGMは3のもの。


ざっとこんなところでしょうか。
ほとんど会話をすっ飛ばしてるのでほんとにざっとなんですが、2の話も少しだけ思い出しましたね。
しかしこれだけの為に何枚もの新規イラストを描き下ろし、2の声優も全員呼んで新規に録り下ろしとかヤバイな…
ついでにいうと3用にユニットのグラフィックデザインも書き起こし、大人になった姿までデザイン。
関係者は全員ボランティアでやってんじゃないかってくらいの大サービス、大ボリューム。
自分はサモンナイトシリーズにそこまでの愛があるとは言わないけど、ぶっちゃけここまでやるかと、感涙ものでした。
当時ファンだった人は大歓喜でしょうね。自分ですら結構感動しているのに。


最後の最後で先生出てくるかと思ったら結局出てきませんでしたね。
番外編の法則ってやつか…
あの島の継承者(3主人公)としての位置付けを生徒にするから先生はあえて出さなかったのでしょうけど。


バトルについてですが、アリーゼは大人になってもキツかったですね…
キユピーのHP回復+状態異常回復くらいしか使わなかった。
しかも強制出撃+生徒死亡でゲームオーバーなのでとにかくお荷物。
でも装備していたキーアイテムの武器から最強の召喚石が出てきた。
生徒によってそれぞれ番外編限定のキーアイテムを持っているのだろうか。

敵のレベルは最初25くらいから始まり、最終的に30程度までしか上がらないのでフリーバトルがないからといって必要以上に恐れる必要はないでしょう。
カルマ値も気にする必要がありません。
ただスキルノー振りで使い慣れていないユニットを突っ込ませると大変痛い目に遭うので要注意。
オススメはスキル全開・攻撃重視のレックス機属性。

で、一応今回使用したメンバーを記載。(順不同)

・トリス:攻撃型はミステイク。可もなく付加もなくだがあくまでサポートメンバー。突っ込み過ぎは厳禁。
・フォルテ:ポストカイルとして活躍。攻撃を上げまくってレックスと二手に分かれて道を切り開いていこう。
・ケイナ:意外と火力有り。必殺技は小範囲で行えるのでまとまった敵の一掃にも活躍。
・パッフェルさん:武器は銃オススメ。こちらの必殺技は直線3マスへ攻撃を浴びせられる。
・レックス:傀儡エース。本編で鍛え上げていればかなりの活躍をしてくれるはず。他の傀儡ユニットでも代替可。カイルでもいいかもしれないが魔法防御も考慮するとレックス安定。ユニット召喚獣は持たせておきたい。経験値は優先的に振ってレベル40くらいまで上げてしまおう。
・ネスティ:アルディラ代わり。魔力全振りで。ライザー辺りを持たせておけばなおよし。
・ミニス:召喚メンバーその2。基本的にお気に入り召喚獣のドラゴン打ちっぱなしで。プニムを持たせておけば対召喚師相手に意外な活躍。
・生徒:アリーゼしか試していないがアリーゼは使い物にならない。キユピーにも期待出来ないので常に後方待機を心がけること。レベル上げも必要無し。


今回3周目で番外編やって良かったなと思います。
レックスいなかったらだいぶ厳しかったのでブレイブ条件まで狙っていたらかなり試行錯誤していたと思うので。
まぁそれはそれで楽しいっちゃ楽しいんですけどね。本編よりは多少難易度が上がっているので。

で、3のラスボスがアレだったから召喚メンバーも育成しとかないかんと思ってネスティとミニスを育てたんですが、基本的に「謎の影」と呼ばれる幻影戦士しか登場しないので力押しでも充分。
ただ最強クラスの召喚魔法を使ってくる召喚師も出てくるし、パワー爆上げでも固い敵がいるのでこちらにもA級の召喚師が2人くらいいるとちょうどいいでしょう。
それと弓と銃の使い手が意外に火力が高いので結構な活躍をしてくれます。


あとのメンバーは知らんw

2のことはちょっとずつ思い出してきたんだけど、確かに「超律者」とか「融機人」の話で、聖女と呼ばれる女の子と3人で世界を救うみたいな話だったのはなんとなく…
パッフェルさんのキャラがあんなんだったのはすっかり忘れていたのでヘイゼルとのギャップにビックリ。当時はヘイゼルのテンションの低さにビックリしたものですが…
ケイナは鬼妖界の偉い人だったってのは全然知らんかった。
青と赤の双子は確か機械兵士だかに家族殺されてるんだっけ?
モーリンは全然覚えてない。
あと金髪の年増とか言われてたのも全然記憶にない。
ミニスはドラゴンが使えたから印象には残ってる。なんで一緒になったかは覚えてないけど。


次に番外編をやる時は本編が終わってからですね。
次回はアティとウィル、アズリアEDを予定。
となると、番外編がウィルか…
EDのイラストは8種類あるんじゃないかと推測してるけどギャラリーに保存出来るのは男主人公と女主人公の2パターンだけなので2枚だけしか保存出来ないみたいですね。
どの道パートナー召喚獣を傀儡ユニットに、成長した生徒を傀儡ユニット(これは可能なのか)にするためには最低4周はしないといけないわけなので…


次回番外編は過去にプレイした通りマグナとレオルド。
何気にハサハだけは選んだ記憶がないので2は3周程度しかしていないんじゃないかと。
ちなみに過去一番初めに選んだのはバルレル。番外編はレシィにしましたけどね。

2の主人公はトリスの方が好きですね。
アティは天然過ぎるっていうか…
3はレックスの方がしっかりしてるんだよね。生徒に対する対応も含めて。




と、なると番外編は一体普通時間で何年経ってるかっていう話で。
ジャキーニの年の取り方を見ると2,30年は経っているように思われる。
オウキーニや生徒は島に残ったので10数年かもっとそれ以下の年月しか経っていない。
すると海賊メンバーはめっちゃ年食ってるだろうなwそりゃイラストで見せられない。
先生や生徒は島と外を往復してるっぽいけどSF的に考えると年の取り方とかどうなってるんだろうな。
あの島は“逆竜宮城”ってわけだ。

メイメイさんは時の番人みたいな役割でヘイゼルを若返らせたり(人生やり直しの意味で若返らせたのだろう)、王の使いみたいな役割も持っている神に近い存在のようだけど。


2のメンバー一行は遺跡の調査が終わると留まらずにすぐに帰ってしまいます。
この番外編はサモンナイト3の番外編であると共に2の番外編でもあったわけだなぁ。
2のメンバー達はしっかり任務こなしている旅の途中であったわけだから単なるゲストメンバーじゃなかったわけだ。


ついでにギャラリーにもEDイラストとは別に番外編クリア記念として2の集合イラストがこれまた新規描き下ろしで追加されます。
サモンナイトシリーズってぶっちゃけ知名度高いかって言われたらそうでもないと思うんだが、会社が一度潰れているにも関わらず立ち上がってここまでファンサービスする作品って、今他にあるだろうか。

ぶっちゃけ続編でも同じクオリティのものは期待していない。
もしかしたら今回の追加要素について異論がある人もいるかもしれないし…
逆に言うなら3のまま終わっておきたい気持ちもある。

でもその精神を忘れずに、ゲームでもなんでも創作を続けてほしいと思う。


【動画】夫婦喧嘩!どっちが悪い?

前に働いていたコンビニにはイートインスペースがあるのだが、このブログってレベルじゃねえ長さの注意書きルールの貼り紙があちらこちらに貼られていた。
単純に「ゲーム禁止!タバコ禁止!飲酒禁止!」くらいならよくあるんだが、もうA4の紙にビッチリ書かれてるわけ。

その前にもすごくどうでもいい注意書きをベタベタ貼ってたから一応今の店長に「そういうのクルーの一存でやらせるのはマズイですよ」とメールしたりしていて、すぐ剥がしていたんだが、やはり夜勤の暴走がまだまだ止まらないらしい。
店長の人柄は好きなんだけど、それに漬け込まれて夜勤にやりたい放題やらせてるから店がどんどん悪くなっていく。
もう部外者だからいちいち口出しするのも面倒かけるから言わないけど、あのクソデブキモヲタ大林が古参レベルの勤続年数になってるからマジ救えない。

あのままあそこで働き続けていたら醜い戦争になっていたな。
東京行くのもかったるいけど井の中の蛙も極めると恐ろしいわ。




妻の逆ギレ!ザ・夫婦ゲンカ
http://www.youtube.com/watch?v=kBxWtr79vVA
この動画を観て皆さんはどちらが悪いと思うでしょうか。
(もしかしたらこの記事が更新される頃には動画が消されているかも?)
恐らくこの動画は旦那さんが投稿されていて、事の顛末が書かれています。

『きまぐれオレンジロード』の事はよく知らないのですが、どうやら妻が曲のことを勘違いしていて間違った発言をしたようです。
すると夫が「ネットで調べてみろ」と言う。
妻は言うとおりにネットで調べて歌手や作曲者を読み上げると、ここで何故か夫が「そんなことまで言えっていってないだろ」と怒る。
それに対して妻は発狂。娘も「お父さんやめて」と大泣き。



大体こんな感じなのですが、自分にはこの会話を聞いて逆ギレしているのは夫の方じゃないかと思うんですが間違っているでしょうか。
確かに妻がいきなりヒステリーを起こして「次のパーキングで降ろして!!」という言動を見ると正気を失っている妻の方が異常のように見えます。


で、このようなトラブルで必ず出てくる問題解決能力ゼロの人達のお決まりの必殺文句「どっちもどっち」。

珍しくyoutubeのコメント欄がまともで安堵しましたがw

これ後ろの方で娘さんも泣き喚いているんですよね。
妻がヒステリーを起こした直後に娘も泣き始めるんですが、娘が放った言葉は「お父さんやめて」w
客観的に見たら明らかに正気を失っている母親の方をなだめるかと思うのですが、娘は冷静な口調で文句言ってる父親に怒るんですよねwあれ?なんか不思議w
もしかして「洗濯機に下着一緒に入れないで」なんて言われちゃってるんじゃない?w
しかもこの動画、ツギハギになっていてカットされていると思われる部分がかなりあるんです。
なんだか音楽の著作権がどうのって問題でカットしたとからしいですが、どうも怪しい。

まぁ個人的に何が一番言いたいかというと、夫が悪い!
ヒステリーも良くないと思うから1:9くらいの割合くらいにはしておいてあげるけど。
まずこんな動画をわざわざ編集して反響を得ようということからして性格の悪さが滲み出てますね。
ぶっちゃけ声からして性格悪そうだなって思ったけどw


この動画で妻は素直にネットで検索してるわけじゃない?間違い認めてるわけじゃない?しかもすごく冷静に。
そこにクチバシ突っ込んだのは夫の方で、どうでもいいことにイチャモンつける。
思うに、この夫婦は普段からこういうやりとりばっかりなのよ。
自分もこういう男に遭遇したことがあるけど、最初は「お、おう」って感じでどうしてそんな細かいことにこだわって怒り出すんだろうとか思ってたわけ。
で、こういう奴っていちいち調べ事させたり、持論を述べたりするのが大好きなんだけど、それに対して自分の意思とそぐわない答え方をすると物凄く機嫌を損ねたり下手したらヒステリーをも起こす
それで一番厄介なのが自分から話を振っておいてまるで親でも殺されたかのように「お前が悪い!!」「お前が間違ってる!」「俺は正しい!!」という主張を始めるわけ。
こうなるともう建設的な論理じゃ話し合いにならない。女以下の男の感情論って感じ。
こっちも最初は冷静に対応するんだけど、やたらこっちの感情を煽ってくるわけ。で、こっちは女だから感情的にさせて怒らせれば「やっぱりあいつが間違ってたんだ、な?」とか勝ち誇る。
相手が男でも相手にとって傷付く言葉を吐いて感情的にさせる。感情的にさせたら勝ちぐらいに思ってる。

大体定期的に身近な人間と同じようなトラブルを起こすので人間関係の破綻が早い。
ウザくなったら「相手が感情的になって俺に突っかかってきやがった」として関係を切ろうとするのがパターン。
場合によっちゃ周りもそれを信じてるので泣き寝入りする羽目になる。

ああ、あと客商売しててクレーマーでもこの手の奴いるな。
対策としては相手の挑発に乗らないことなんだけど、別に縁切ってもいいやという相手なら正論で論破してあげて。あくまで冷静にね。
このタイプの人間の特徴は「自分の理論を通したい」「自分よりも賢い(潜在的に思ってる)人間と喧嘩して勝つこと」だから感情を逆撫でされても論破してしまえ。
すると泣き出してしばらく粘着してくるので、楽しい追い打ちも忘れずに。
その度にこちらが如何に悪いかを触れ回りますが、周りはみんな察しているので評価が下がることはありませんので安心して反論していいです。
ただやり過ぎると「どっちもどっち」人間が現れて更に泥沼にしていくので要注意。

それは他人同士の話だからまだいいかもしれないけど、これは夫婦の問題だから溜まったもんじゃないだろうなぁ…しかも子供がいるときた。
妻は「(あああーまた始まった!もう限界!!)」とばかりにキレちゃったんだろうね。



動画の最初に妻のヒステリー場面を持ってくるのもだいぶ印象操作というか悪意があるよね。
この手の人種に一番言ってはいけない言葉が「あんたは正しい。相手が悪い」。逆に第三者に言われて大ダメージを受けるのは「は?ヒス女もどうかと思うけどお前が悪い」。
「あんたは正しい」と言われたいがばかりに動画編集頑張ったのにコメントが正論ばっかりで残念だったねーw

この夫、ちょっと自閉入ってるから絶対何かやらかすよ。この動画は序章に過ぎない。
それか妻が精神に異常きたして家族が崩壊する。
幸い娘はあの状況でもどっちが悪いのか判断出来るくらい賢いようだから早く離婚して母子で暮らせ。
別にあのくらいの年齢の子が泣き喚くのは普通のことだからw



うちも過去に車内では常に夫婦喧嘩が絶えなかったけど、これとは別の種類だから比較しようがないけども…
だってこれ、明らかに夫が妻を怒らせるために罠仕掛けてるんだもの。

「あそこの店ホントに不味かったわ!あんたのチョイスってマジサイテーね」
「お前に合わせて選んでやったのに」
「何よ!!あたしが悪いっていうの?!」
とかそういうレベルの痴話喧嘩じゃないもん。
それなら妻が悪いと言えるけど。

というか妻はこの夫のyoutube投稿に気付いているのだろうか。
新たな火種となりそうだが…





それにしても『きまぐれオレンジロード』はトンだ風評被害である。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。