【映画】今年観た映画200本【2016】

今年は観た映画が少ないのでやらないつもりでしたが、ネタがないのでやります。
なんだかんだで結局200本観たわけですけど。

全部初見というわけではないですが、一応ヤフー映画に登録した分ということで。
5つ星評価で、★3が青★4がオレンジ★5を赤で塗ってみました。
非表示はそれ以下か、評価は★3程度だけど特にオススメではない作品です。というか大半は覚えてない。
明らかな名作とかはあえて未評価だったりします。
上から過去から最近順になっています。
あくまで今年観て印象に残った映画という意味の評価です。
ピックアップものはアマゾンリンク。


クワイエットルームにようこそ(2007)
サンタを救え!~クリスマス大作戦~ (2013)
世界の終り (2013)
ブルーノのしあわせガイド(2011)
イタリア的、恋愛マニュアル(2005)
アリスのままで (2014)
ゾンビーバー (2014)

ペンギンズ from マダガスカル ザ・ムービー (2014)
ウェディング・イブ 幸せになるためのいくつかの条件 (2010)
バッド・トリップ 100万個のエクスタシーを密輸した男(2010)
トリプルヘッド・ジョーズ (2015)
怒りの逃亡者 (1995)
シー・サバイバー (2013)
ブロークン・イングリッシュ (2007)
靴職人と魔法のミシン (2014)
ダークハウス (2015)
ミスティック・リバー (2003)
スリーデイズ (2010)
バーチャリティ12 (2009)
ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 (2013)
パラノーマル・アクティビティ (2007)
ファイナル・デッドスクール (2010)
ニューヨーク・ミニット (2004)
SQUATTERS ~不法占拠者~ (2014)
アザーズ -捕食者- (2014)
殺人の啓示 ~死を誘う男~ (2014)
サスペリア・テルザ 最後の魔女 (2007)
レッド・ドーン (2012)
ザ・ドア 交差する世界 (2009)
ザ・インターネット2 (2006)
ザ・マシーン (2013)
U Want Me 2 Kill Him/ユー・ウォント・ミー・トゥ・キル・ヒム (2013)

テッド2 (2015)
セブン・サイコパス (2012)
アタック・オブ・キラートマト 完璧版 (1995)
ミートボール&キャシー こちらワンワン防犯課 (2013)
ロサンゼルス女子刑務所 (2013)
ピクセル (2015)
マックス (2015)
ロック&ロール たった2匹の強盗撃退最強ミッション!! (2015)
映画 ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~ (2015)
ザ・ファントム (2014)
アントマン (2015)

Mr.タスク (2014)
サイレント・ワールド2011 (2010)
ヒトラー最終兵器 (2013)
タイム・ウォーリアー (2012)
死霊館 (2013)
クーデター (2015)
最強ゾンビ・ハンター (2013)
ウルフ・タウン (2011)
クリッシュ (2013)

兵器人間 (2013)
ディアボリカル (2015)
ゾンビ・ナイト (2013)
パトロール (2013)
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション (2015)
デッドライジング ウォッチタワー (2015)
シンデレラ (2015)
スパイラル ~危険な関係~ (2011)
リディック:ギャラクシー・バトル (2013)
WARLD WAR D ワールド・ウォー・デッド (2013)
セクター4 (2014)
モンスター上司 (2011)
モンスター・イン・パリ 響け!僕らの歌声 (2011)
パラドクス (2014)
告発 (1995)
恋人はゴースト (2005)
空とぶニコ!! 小さな弟と僕の大冒険 (2012)
長ぐつをはいたネコ (2011)
サミーとシェリー2 僕らの脱出大作戦 (2012)
ムカデ人間3 (2015)
クリーブランド監禁事件 少女たちの悲鳴 (2015)
おみおくりの作法 (2013)

ブラック・ビートル (2001)
カエルのリビット めざせ!プリンセスの国 (2014)
私はゴースト (2012)
レディ・ソルジャー (2014)
おしゃれパピーズ ココ&ステラ (2015
バッドサンタ (2003)
グーフィーとマックス/ホリデーは最高!! (1995)
マイ・インターン (2015)
ふたつの名前を持つ少年 (2013)
スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo! (2015)
カリフォルニア・ダウン (2015)
Disney’s クリスマス・キャロル (2009)
シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~ (2012)
それでもボクはやってない (2007)
ザ・コーヴ (2009)
デッド・レーン (2008)
CLOSE クローズ (2010)
プリンセスと魔法のキス (2009)
マルコヴィッチの穴 (1999)
草食男子の落とし方 (2009)
バチェロレッテ -あの子が結婚するなんて! (2012)
魔法にかけられたエラ (2004)
トレジャー・バディーズ/小さな5匹の大冒険 (2012)
エルム街の悪夢 (2010)
バタリアン (1985)
ジム・キャリーはMr.ダマー (1994)
父親たちの星条旗 (2006)
ヴァージン・スーサイズ (1999)
グッドナイト・マミー (2014)

スペース・バディーズ 小さな5匹の大冒険 (2009)
わたしに会うまでの1600キロ (2014)
モンスター・ホテル2 (2015)
あなたを抱きしめる日まで (2013)
リトルプリンス 星の王子さまと私 (2015)
トラップ (2014)
ジャングル・シャッフル (2014)
大統領の料理人 (2012)
ABC・オブ・デス (2012)

I LOVE スヌーピーTHE PEANUTS MOVIE (2015)
ドニー・ダーコ (2001)
タイタンの逆襲 (2012)
マッキー (2012)
スタンリーのお弁当箱 (2011)
ラスト・ホリデイ (2006)
天使の分け前 (2012)
ネコのミヌース (2001)
東ベルリンから来た女 (2012)
噂のモーガン夫妻 (2009)
近距離恋愛 (2008)
グレッグのダメ日記 (2010)
ドローン・オブ・ウォー (2014)
ベル&セバスチャン (2013)
AIR/エアー (2015)
ヴィジット (2015)

サンシャイン・クリーニング (2008)
ハサミを持って突っ走る (2006)
レディ・イン・ザ・ウォーター (2006)
フォロウィング (1998)
ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して (2010)
パンズ・ラビリンス (2006)
サイン (2002)
I am ICHIHASHI 逮捕されるまで (2013)
アンテナ (2003)
ビー・ムービー (2007)
メガマインド (2010)
ズートピア (2016)
パディントン (2014)

アナザー (2015)
アーロと少年 (2015)
マネー・ショート 華麗なる大逆転 (2015)
マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり (2015)
スポットライト 世紀のスクープ (2015)
マギー (2015)
ルーム (2015)
オープン・シーズン4 おおかみ男とひみつの森 (2015)
ペーパーマン (2009)
ミラクル・ニール! (2015)

それでも、やっぱりパパが好き! (2014)
ウソはホントの恋のはじまり (2013)
アルビン4 それいけ!シマリス大作戦 (2015)
恋のベビーカー大作戦 (2012)
アタック・オブ・ザ・50フィート・チアリーダー (2012)
キンダガートン・コップ (1990)
ノーカントリー (2007)
ファミリー・アゲイン/離婚でハッピー!?なボクの家族 (2013)
アウェイクニング (2011)
心霊ドクターと消された記憶 (2015)
リトル&ジャイアント (2012)

アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ (2016)
あまくない砂糖の話 (2014)
インデペンデンス・デイ:リサージェンス (2016)
ホーム 宇宙人ブーヴのゆかいな大冒険 (2015)
アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 (2016)
ニンジャ vs ミュータント・ゾンビーズ (2014)
ポゼッション (2012)
サージェント・ペッパー ぼくの友だち (2004)
スノーホワイト (2012)
スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 (2010)
インビクタス/負けざる者たち (2009)
ミュータント・タートルズ -TMNT- (2007)
パイレーツ・ロック (2009)
AAAH!ゾンビーズ!! 俺タチだって生きている (2007)
ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢 (2008)
10 クローバーフィールド・レーン (2016)
恋愛だけじゃダメかしら? (2012)
J・エドガー (2011)
ファインディング・ドリー (2016)
神様メール (2015)

フィフス・ウェイブ (2015)
エクス・マキナ (2015)
あなたのママになるために (2015)
ZOOMBIE ズーンビ (2016)
少女は自転車にのって (2012)

ライオン・キング3 ハクナ・マタタ (2004)
コンテイジョン サバイバーズ (2011)
スペース・レンジャー バズ・ライトイヤー 帝王ザーグを倒せ! (2000)
ブルージャスミン (2013)
バチカンで逢いましょう (2012)
キャビン (2011)
ダーケストアワー 消滅 (2011)
おさるのジョージ/Curious George (2006)
サーシャと魔法のワンダーランド (2013)
PERFECT BLUE パーフェクト ブルー (1998)


去年は『チャッピー』が最高でしたが、今年はこれっていう作品はあまりなかったですね…
一番笑ったのは『ミラクルニール!』、アクションでは『アントマン』が良かったかな。
ファミリー向けでは『パディントン』、ホラーでは『ヴィジット』が良かったです。

名作インド映画も発掘!『クリッシュ』や『マッキー』はもう一回観てもいいくらい。

面白かった海外ドラマは『メンタリスト』。
アマゾンビデオで観ていますが、シーズン5までしか配信されていないので完走するのはまだ時間がかかりそうです。

夏からかけて見ているのは20周年を迎えたアニメ『ポケットモンスター』。
アニメ版が終わったら映画版です。

今後もツタヤディスカス中心に見ていくので来年も500本達成は難しいです。
もうちょっと配信が多くなればいいんですけどね。


スポンサーサイト

【タカラトミーアーツ】サウスパーク フィギュアマスコット 全5種【カプセルトイ】

今日はコレクション。


タカラトミーアーツより「サウスパーク フィギュアマスコット 全5種」一回200円。
日本のメーカーからサウスパークのグッズが出るって珍しいというか、ホビー商品は初では?
許諾取るのめんどくさかっただろうに。

特に今流行っているわけでもないのにどうしてこのタイミングでグッズ化されたのかな?
最近昔の作品のリバイバルは流行っているけど。

この勢いで日本語字幕版DVDも発売に期待。




●スタン
2016y12m23d_184520212.jpg

●カイル
2016y12m23d_184522977.jpg

●カートマン
2016y12m23d_184528696.jpg

●ケニー
2016y12m23d_184531562.jpg

●バターズ
2016y12m23d_184534062.jpg


2016y12m23d_184544696.jpg
本当はカートマンだけ欲しかったんですが、出るまで回すのもあれなんでまとめて購入してしまいました。
でもカートマンだけ使う用にもうひとつ欲しいな。

というか、バターズがレギュラー入りしてるのがあまり納得いかない。


【ダイソー】ビンテージ風カレンダー

ダイソーで買い物していたら、思わず目を惹かれるカレンダーを発見。

「ビンテージ風カレンダー」
2016y12m29d_102528994.jpg
2016y12m29d_102537993.jpg
ダイソーってこんなセンスの良いカレンダーあるんですね…
というか個人的な趣味なだけですけど。
こういう感じ、すごい好きです!

調べてみたら他のブログでも取り上げられていてかなり好評な模様。

雑貨店などで販売していたらきっと1000円じゃ済まないですよね。
ダイソー、なかなか有能。

飾った後も絵柄を保存しておきたいです。
来年のカレンダーはこれで決まり!


メンズリブになったきっかけ



恐らくこの話は定期的にしてますけど、個人的に頭の中を整理する意味で書いていきたいと思います。


・メンズリブになったきっかけ
筆者はどっちかというと男性寄りな考え方で、男性差別問題などをしばしば取り上げ、フェミに対しては批判的です。
これは今に始まったわけではなく、こうなったきっかけというのは実は幼児向け・子供向けのアニメや本にありました。

男の子キャラクターはいつも酷い目にあって、女の子キャラクターがそれを笑う。
男の子キャラクターは悪役で、女の子キャラクターは正義。
男の子は泥をかけられて困り顔、女の子は回避して汚れない。

という構図のアニメや絵本が非常に多かったように記憶しています。
それに対して「どうしてだろう」「なんで男だけ?」と思い始めたのが、現在のメンズリブの走りです。

例に挙げるとするならば「しまじろう」の作品ではいつもしまじろうやトリッピーはいつもおバカな目に遭うのに、みみりんやらむりんはそれをいつも笑ってバカにしていたような気がします。

そういう体験が重なって、”弱い方の味方”をするようになったわけです。
もしかしたら時代が時代ならフェミになっていたのかもしれませんが、少なくとも現代の日本では女性よりも男性の方が弱い立場にあるのだと、幼少期からアニメや漫画で刷り込まれてしまいました。
そうした中で2000年代に入ってからの男女共同参画やジェンダーフリー運動が始まったわけですから、ここから一気に火がついていきました。
これらは男女平等を目指すわけではなく、あくまで女性だけに下駄を履かせるだけの政策で、結局女性にも男性にも平等な結果になりませんでした。



しばしば「名誉男性(男性を擁護する女性)」「ミソジニー(女性嫌悪)」として批判されることがありますが、個人的には全くそんなつもりはなく、日々生きていて男性の方が常に非難の的になっていることに対し疑問を持ち続けた結果なのです。

女性にモテたいがためにフェミを装ったり、「バカマッチョ」の男性は嫌いです。


最近は一方的に男性を擁護するのではなく、女性にとって本当の解放と自立を目指して研究しています。
特にツイフェミの考え方というのは一方的な女性の主張だけでただのヘイトスピーチだし、男女平等を目指していないのは明らか。
そういうのに呆れる女性も増えているそうですし、行き過ぎたフェミニズムで自滅する未来が見えているような気がします。
性の多様性を広めるポーズを取りつつ、実は利用してるだけというのも「腐ェミ」の出現によって明るみになってきました。
結局女性だけが(自分だけが)得すればいい、男性やLGBTは現状フェミの八つ当たり人形になっているだけです。

「男の手なんて借りないわ!女だけでやるのよ!」という発想にはならないのでしょうか。
「女がこうなのは男のせい。だから男がなんとかしなさい。私たちはクレーム付けるだけ」…こういう姿勢こそ女性をますます自立から遠ざけているし、女性による女性差別だと思うのです。
男性に理解してもらうために運動することは否定しませんが、最終的には女性自身が動かなければいけないのですから、その部分まで男性に丸投げするのは本当に間違っています。

おもちゃが買ってもらえなくて、床で駄々をこねる子供と一緒です。男性は女性の保護者なのですか?それでいいんですか?
本来のフェミニズムの目的とは違う方向に向かっています。
男女の対立ばかり煽って、すべて男のせい、すべて男の責任とする考え方だからこそ、今の日本のフェミニズムの肩を持つことはできないのです。


【アクセス解析】気になる検索キーワード【2016.12】

2016y11m17d_184606223.jpg

今月のアクセス解析。
「こんなワードでうちのブログ引っかかるの?」っていうのがあって面白いです。
検索ワードは毎日記録され、3ヶ月分のデータを見ることができます。

映画タイトル、個人名などは除外します。


■腐女子関連
腐向け二次創作を徹底的に避ける方法
腐 苦手
腐女子 特有のノリ 苦手
フェミ 腐
FF15は腐女子の妄想
"ゲイが嫌い" 腐女子だけど
腐女子 投影 受け
BL 自己投影なのか
腐女子 美人いない
腐女子 男好き 自己投影
ツイキャス 腐女子多い


>腐向け二次創作を徹底的に避ける方法
これ特集やりたい。
見ないように心がけていることはあるけど、どうしてこっちが配慮しなくちゃいけないんだと思います。

>"ゲイが嫌い" 腐女子だけど
これは腐女子が検索したのか、非腐女子が検索したのか…
腐女子こそゲイやトランスジェンダーの人を嫌いますよね。
一昔前くらいはLGBTに寛容アピールするためにゲイを利用していた部分が強かったですけど、最近はゲイが腐女子に強気なので多少流れが変わっているような気がします。

勝手にゲイの世界に土足で踏み込んでるんだから叩かれるのは当たり前。
腐女子は一方的に嫌われる側であって、ゲイを嫌う側には決してならない。


■trpg 気持ち悪い
本気でキャラクターになりきってるのを見た時は正直無理だなと思いました。


■日本の鉄道はなぜ女性専用車両にベビーカーも専用車両にしないのか
ちょっと文面がよくわからないですが、ベビーカーも女性専用車両に行くべきということかな。
女性専用車両に住む女は乳幼児の男の子すら目の敵にするので子供を守るなら一般車両に乗った方がいいかもしれません。


■冬の間ゾンビ
『ウォーキング・デッド』シーズン3では冬のシーンをバッサリカットしたんですよね。
冬はゾンビの動きが鈍いから何の問題もなかったという理由で…でも気になるわ。


■保護室に監視カメラをつけること賛否両論
安全のためには必要と思う部分もありますが、人権が尊重された上での場合ですよね。
現在の日本の精神医療は患者の人権が尊重されているとはちょっと言い難いです。


■自分おっさんなんで 女
これ定期的に検索されますが、意外と最近は見掛けないかな。
さすがに指摘されてきて、自重し始めた感じがします。


■女性は何故荷物を網棚に上げないのか
これ実は以前の記事で取り上げてました。

若者の網棚離れ
http://hound2013.blog.fc2.com/blog-entry-523.html

届かないのと、忘れる確率が高いから、というのが個人的な理由です。


今月はこんな感じでした。
なんかアクセス解析がバグってるっぽくて、極端に検索結果が少ない日があったりします。
全ての検索ワードが表示されるわけではないようですね。


■関連記事
【アクセス解析】気になる検索キーワード【2016.11】
【アクセス解析】気になる検索キーワード【2016.10】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。