【日記】劇場版ポケットモンスター視聴中



●ポケモン映画見てます
※現在は配信終了しています。
アニポケXYまで完走して、今度は同じくアマゾンビデオで配信中の劇場版ポケットモンスターをちまちま見てます。
とりあえず、2007年映画まで視聴。あと10年分あります。
ここまで見た感想としては無印の作品まではなかなかメッセージ性があってよかったですけど、AG以降は冒険感の方が強め。
というか、サトシのスーパーマサラ人パワーが全面的に押し出され過ぎかなと。

ルギア爆誕のママ「あなたがいるから、世界はあるの。」というセリフと、「お互いの世界に踏み込んではならない」というメッセージ性が今でも心に残っています。
ラティオス・ラティアスの街並み、世界観はすごく良かったです。

ただひとつ不満なのは、毎作品に必ずゲストキャラクターがいて、吹き替えはタレントが担当していること。
当然ですが、棒読みであまりにも聞くに堪えないです。
これは筆者が子供時代から嫌に思っていたことで、当時からタレント声優を使うことに不満を持っていました。

その分、他のキャラクターのクオリティが引き立って、やっぱ本職の声優ってすごいなと改めて思わされましたw
でもディアンシー役の松本まりかさんはすごく好きです。
といっても、彼女は元々FF10でリュック役で声優をやっていたわけですが…

そういえば今年の最新映画は初代のリメイクになるっぽいですね。

20周年だから?無印一話目の映画版になるんでしょうか。
確かにそろそろ初代の振り返りが必要な時期でしょうね。

ポスターにホウオウがいますが、チラッと出演するだけなのかな。
でもホウオウは個人的にもポケモン的にも特別な存在だと思うので、もしホウオウが主人公の映画になる時はよっぽど特別な節目でしょうね。

というか、以前放映された『ポケットモンスター ジ・オリジン』を映画版で見てみたいです。

あれだけクオリティ高かったのにほとんどダイジェストでしたからね…


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。