事実無根の証明



「事実無根を証明してください」
殺人犯をでっち上げられたスマイリーキクチさんが中傷を書き込まれて2chの運営から言われたこと。

悪いことをしていない証明というのは想像以上に難しい。
ネット上で勝手にキャラクターが作り上げられ悪人として独り歩きする。

そろそろネットの書き込みが完全に匿名で足が付かないものだと思っている人は減っていると思いたい。
手間がかかるとはいえ、不快に思った書き込みがあれば民事でも刑事でも誰でも情報開示ができる。

情報開示して、誰が書き込んだのか納得して然るべき対応を取るのであれば被害者として終わる。
だが、デマを疑わずに信じて一緒に批判を始めてしまったら、これは加害者になる。

残念ながら、多くの人は後者になってしまう。

「◯◯は悪いやつに違いない、だからみんなで◯◯を叩こう」

いくら他者を叩くことが中毒になってるとはいえ、相手が個人ならいつかしっぺ返しを喰らい、自身の間違った正義感を悔い改めることになるだろう、


●批判する前に調べる
ネット上で書き込み・発言するのはとても簡単なことだが、これからの時代は取締も強化され、サイト運営者も警察も動きが柔軟になりつつある。
自身の軽はずみな発言で後悔するくらいなら、書き込みをする前に調べる義務があるのだ。

先述したように、情報開示はやろうと思えば誰でもできる。
時間はかかるし、ものによっては開示できないものもあるだろう。
しかしながら個人を批判するということは、それだけ裏付けの必要なことでリスクを伴う行為である。


書かれる側に証拠を求めるのではなく、書く側に証拠を求める流れになってほしい。
嘘、もしくは事実であっても相手を貶める行為であれば罰せられるネット社会になっていかなければならない。


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。