世の中不公平で怒りに震える

2017y05m04d_183231650.jpg

両親が膨大な借金を抱え、一家離散したという話を聞いた。
携帯も持てないほど貧困にあえいでいる。
当事者は性格も良く、何か人間関係で問題を抱えている感じではない。

一方で既婚ニートで親の遺産ぐらしという人もいる。
親の金で三十路まで専門学校に行き、学んだことも活かせぬまま毎日遊び呆けている。
性格は最悪で周囲から煙たがられている。

どうして同じ世代で、ここまでの差があるのか、理不尽でならない。
嫉妬や感情論と揶揄されても構わない。一度でいいから後者を奈落の底に叩き込みたいと思う。
怒りで腸がフツフツと煮えくり返る思いである。

これで後者が周囲を大切にする良い奴ならこんな感情は湧き上がらないだろう。
常に周囲を見下し、誰かを傷付けているような人間だ。
人格が伴ってこその経済力だと思う。

努力をしている人としていない人でこんなに差があることが納得いかない。
死後があるなら正当な裁きが下されるべき。


あくまで感情論である。
こんな理不尽さは世の中たくさんあるし、受け入れていかなければいけない事実なのだろう。
ただネットで聞いた身の上話ではなく、リアルな話だからこその感情。

下には下がいると安堵してはいけない。
筆者は不幸な運命を背負った人と身近に接していきたいし、絶対に社会から孤立させないという思いがある。
お金以外で誰かを支援できる方法はいくらでもある。

自己満で偏った正義感になってしまうかもしれないが、世の中の理不尽さを少しでも払拭するためには助け合うことが必要だと思う。
筆者の「見過ごせない」人生でした。


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。