【特撮】平成ライダー中間報告



この春からアマゾンビデオで見始めた平成ライダーシリーズ。
まさか特撮にどっぷりハマってしまうとは思いませんでした。

これまでにクウガから響鬼まで6作品見てきましたが、ちょっとここで中間評価したいと思います。

仮面ライダークウガ★★★★☆(88点)
ライダーが一人で活躍するのが良い。暗めの世界観が好き。

仮面ライダーアギト★★★★☆(85点)
美杉家が温かくて好き。G3メンバーの色が濃くて◎。

仮面ライダー龍騎★★★★☆(80点)
ライダーが多すぎるが、キャラが立っていたので最終的には◎。北岡さん役の人が業界に精通していて好感。

仮面ライダー555★★★★☆(89点)
怪人含め全員のキャラクターが個性を発揮していた。出演者が仲良くて好感。アクション性も◎。

仮面ライダー剣★★★☆☆(78点)
後半は評価できるが、前半が丸っきり印象に残らなかった。でも後半は本当に好き。

仮面ライダー響鬼★★★★☆(82点)
和とライダーを織り交ぜた世界観が素晴らしい。新しい試みに評価。


ストーリーと世界観、登場人物、アクション性、デザイン、出演者の素顔まで含めての評価です。
放送終了後も仲間内で集まって遊んでいるとか、ライダーになれたことを誇りに感じてずっと話題にしている俳優がいたりすると個人的に評価上がります。
要潤(アギト・氷川誠役)や小田井涼平(龍騎・北岡秀一役)、村上幸平(555・草加雅人役)は放送終了後も作品を愛し続けていると聞いているので好感高いです。
出演者が作品を好きだったり、共演者と仲が良かったりすると演技にも反映されますよね。

デザインはどれも満点です。
デザインが悪いから減点というのは今のところ全くないです。

ストーリーでは555が一番印象に残っているかも。
世界観では響鬼がこだわりがあって好きです。


というか、過去記事を見直してみると筆者は緑色のライダーが好きになるんですね。
ゾルダ、レンゲル、轟鬼…キャラクター、ライダーとしての特性ともに好みです。



そんな感じで、今のところ555がトップです。
これからまだ12年分のライダー+αがあるので、また評価が変わっていくと思います。
スーパー戦隊シリーズも全部見る予定です…まだまだ先は長い。


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。